サロン集客に欠かせないポイントカードの作り方

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

多くのサロンでポイントカードを作られ、お客様にお配りしていると思います。

あなたのサロンはどうでしょうか?

 

サロンに限らず、あらゆる業種のお店でポイントカードをお客様にお配りするのは、

「お客様を再来店させる」

ためです。

 

実際に、ポイントカードを活用すれば、お客様のリピート率が上がることは明らかです。

しかし、その一方で皆さんのお財布に全く使わなくなったポイントカードがいくつか眠っていませんか?

 

活用できればリピート率が上がるのに、それが出来ていないサロンが多いんです。

だから今日は、サロン集客には欠かせないポイントカードの作り方を解説!

確実にリピート率アップさせちゃってください^^

 

 

リピート獲得のカギは、ゴールが明確なこと

あなたのサロンは、どんなポイントカードを作られていますか?

ほとんどのサロンは1回の来店、または○○円以上のお買い上げで1つスタンプを押すといった感じのものを使用されています。

 

ここでリピートのカギになってくるのは、スタンプがどれだけ溜まれば特典を受けられるかということです!

つまり、ゴール設定です。

一子さんのサロンは、スタンプが何回溜まれば特典を受けることができますか?

ハヤシ

 

え~と、10回です。

10回の来店で1000円割引になります。

今一子

 

その10回って、どうやって決めました?

ハヤシ

 

えっ、あ~なんとなく^^;

今一子

 

ポイントカードのゴール設定はとても重要です。

10回というゴールは、お客様にとっては非常に遠いゴール、目指しにくいゴールです。

そして、サロンにとってもリピートされる確率を下げる設定になってしまってます^^;

ハヤシ

 

そうなんですか?

確かに、ちょっと10回は多い気はしますが...

今一子

 

ここで考えてほしいのは、お客様がリピーターになりやすい来店回数です。

一般的に、一定期間の間に3回の来店をされたお客様はリピーターになる確率は高いと言われています。

サロンの来店周期は、およそ4週間前後。

すると、リピートされるかどうかは3カ月~半年が勝負になります。

一定期間とは、この期間に当たります。

ハヤシ

 

へぇ~

今一子

 

すると、一子さんのゴール設定はどうでしょう?

たとえ、3回の来店をし、リピーターになる確率がグッと上がったお客様はまだ何の特典も受けれない状態です。

本当は、この3回目の来店、リピーターになる確率が上がった時にサロンから

「あなたは特別なお客様です!」

と感謝を示してほしい。

つまり、ゴールを3回とすることがよりリピーターになる確率を上げることになるです^^

ハヤシ

 

なるほど。

3回だと、初めてカードをもらった時も目指しやすいゴールですね。

サロンにとっても、「まずは3回来店してもらう」ということをクリアしやすくなるかも!

大至急、改善します^^

今一子

 

 

意外とあるポイントカードの落とし穴

次に、ポイントカードで意外とはまってしまう落とし穴について^^;

 

一子さんのサロンは一回のスタンプを押すのにどういった設定をしていますか?

ハヤシ

 

一回のスタンプですか?

来店一回につき、一回スタンプを押します。

今一子

 

では、どんな施術を受けられても?

ハヤシ

 

はい、全メニューが対象です。

今一子

 

それだと、サロンにとって問題が起きるケースがあります。

 

仮に、一人のお客様が低価格の施術メニューを受けられる場合。

例えば、一子さんのネイルサロンだと...ケアメニューやオフのみ。

こういったメニューでも1回スタンプが押されるわけですよね。

 

すると極端な話、

「これらのメニューのみを3回受けて、割引をしてもらえる段階で高額メニューの割引を受ける」

といったケースもなくはない^^;

高額メニューであればあるほど割引率が高くなることも考えられ、サロンとしては大きな損失にもなりかねないですよね。

ハヤシ

 

あっ、確かに^^;

今一子

 

そういったお客様が、主力メニューを3回施術されたお客様と同じ特典が付くというのはどうでしょう?

ハヤシ

 

それは...嫌かも^^;

今一子

 

そうなんです。

女性がよく

ハヤシ

 

わたし、優しい人がタイプなの^^

一般女性

 

と言っていたとしても、

ハヤシ

 

わたし、わたしだけに優しい人がタイプなの^^

一般女性

 

と言っているのと同じで、「他の女性にも優しい人」は怒られちゃいます^^

 

それと同じく、きちんと線引きはした方がいいですね。

そういう意味では「1回の来店つき」よりも「○○円以上のご購入をされた方は1回の来店につき」とした方がいいでしょう^^

ハヤシ

 

なるほど。

今一子

 

 

さらに来店を呼び込むために!

では、3回の来店をポイントカードで獲得できたとして、そのあとのことはどうでしょう?

また、同じカードをお渡ししますか?

 

ここで重要なのは、お客様に「ステップアップ」を感じてもらうことです。

ポイントカードの次は、「ゴールドカード」。

さらにその次は「プラチナカード」。

というように、お客様としてステップアップし、「大切なお客様」であることを感じてもらえるようにします^^

 

当然、特典も変化させる必要があります。

単純に割引をしたり、その額や割引率を上げることではなく、「えこひいき」するようにしてください。

ハヤシ

 

えこひいき?

今一子

 

そうです^^

「他のお客様よりも優先的に予約を取ることができる」「プラチナカードのお客様しか受けれない特別メニューが受けれる」といったものがいいでしょう。

割引よりもこうする方が、「サロンに大切に思われている」と実感しやすいので^^

是非、最強の「えこひいき」を考えてください!

ハヤシ

 

なるほど。

やってみます!

今一子

 

 

まとめ

ポイントカードを上手く活用すれば、サロン集客は改善され、リピート率を上げていくことも可能です。

何より、こういったカードは誰しも財布などの一番身近で携帯するものに入れておきます。

ということは、何度もお客様は目にし、その都度サロンのことを思い出していただくチャンスがあるということ!

 

中には、もらってすぐに捨てられるポイントカードもありますが、そうならないためにも

・ゴール設定を明確に!お客様にとって目指しやすいゴールを!

・更なるゴールは、「えこひいき」!

を意識してポイントカードの作成に取り組んでいただけたらと思います。

がんばれ!サロン女子。

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA