2017/07/13

サロン集客に重要!?アメブロのアクセス数のホントとウソ?

 
アクセス数解析

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、サロンリピート率アップコンサルタント ハヤシです。

 

”ブログで集客!”

と思っていらっしゃる人の多くが気になるのが

”アクセス数”

 

アクセスが増えるという事は、

それだけ予約される可能性が高くなると一般的には思われています。

 

たしかに間違えではありません。

しかし、アクセスはただ数が多ければ良いというものではなく、

特にサロン集客においては”量”より”質”だと言えます。

 

今回は、ブログ集客の中でも”アメブロ”を使った集客について

アクセス数を中心にお話します。

 

アメブロのアクセス数は当てにならない?

私の経験上、アメブロのアクセス数は

純粋に訪れたユーザーのアクセス数の最低でも3~5倍ほどで表示されます。

一説には、50倍以上で表記されることも...

おそらく、このことは皆さんもご存知でしょう。

 

これはアメブロが”盛っている”という事ではなく、

そもそも”アクセス数”という概念がそれぞれ違うためだと言われています。

 

もし、自分で調べたいと思われる方は

グーグルアナリティクスなどを使って調べられるといいです。

 

本当の問題は?

本当の問題はアクセス数でなく、その”質”です。

 

以前にもお話しましたが、現在アメブロは起業家だらけ。

そして、お互いが紹介しあっている状態をよく見かけます。

 

それが悪いとは言いませんが、

サロンにとって本当に欲しいのは”見込み客のアクセス”です。

 

アメブロが起業家だらけの状態である以上、アクセス数よりも

”そのうち外部アクセスはどれくらいあるのか?”

の方が重要になります。

 

アメブロの問題はここにあり、注意するべき点です。

 

どうやってブログの評価を知るのか?

残念ながら、アメブロでどれくらい外部アクセスがあったのかは分かりません。

 

しかし、一つの目安としてはグーグルアナリティクスで分析すること。

訪れたユーザーに関しては、リピーターと新規を知ることが出来ます。

そして、閲覧されたページ数や平均の滞在時間も知ることが出来ます。

 

「アクセル数は多いのに、集客出来ないんです」

と言われる方の多くはこの滞在時間が極端に短いケースが多く見られます。

 

アメーバキングなどソフトを使った

”いいね”まわりをしている人からのアクセスはほんの数秒です。

これだといくら何千アクセスあっても...

ご予約が取れないのも納得できます。

 

そして、もう一つは具体的な数ではありませんが

「自分のブログの検索順位を正しく知る」

ことが挙げられます。

 

色々サイトを使って調べることも出来ますが、一番簡単に知るには

「グーグルクローム」で「シークレットウィンドウ」

を使い、検索ワードを打ち込み検索する方法です。

 

このことで、自分のブログが何ページ目にあるのか知ることが出来ます。

この方法も外部アクセスに対する一つの目安にはなるかと思います。

 

最後に

私もアメブロを始めたころは、読者数やいいねの数が気になって仕方ありませんでした^^;

でも、今は全く気になりません。

 

自分から色々なサロンのブログを読ませて頂いた

お礼に”いいね”をつけることはあります。

しかし、別に”いいね”を返して頂かなくてもいいかなって思っています。

結局、読まれなければ何の意味もないことなので。

 

だから、皆さんもあまり一喜一憂することはありません。

 

アメブロのアクセス数がホントか?ウソか?ということよりも

ちゃんと見込み客に記事が届いていて、

読まれているのか?ご予約は取れたのか?が大切なことです。

 

 

小さなサロンの集客、リピート率アップコンサルタント ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -