2017/05/27

サロン集客にアメブロは使えない!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、サロンリピート率アップコンサルタント ハヤシです。

 

このブログをお読みいただいている中にも、

アメブロで記事を書き、集客しようとされている方は多いと思います。

しかし、最近多くのアメブロガーさんたちのアメブロ離れが目立つように...

 

では、なんでそんなことが起こっているのか?

それぞれ事情があるとは思いますが、

今回はアメブロの特徴を加味し、

それと対比する形でワードプレスについてお話します。

 

アメブロの利点

アメブロの利点といえば、第一に

無料である

ことが挙げられます。

そのため、気軽に始めることが出来ます。

 

また、他にも

・パソコンが苦手でも始めやすい設定

・ユーザーが多い

・コミュニケーションツールが充実している(いいね、メッセージ、ペタなど)

が挙げられます。

 

特に女性起業家の方でパソコンが苦手な方には、

”集客でブログを使いたい!”なら、

まずはアメブロを使うことをおすすめします。

(ただし、商用禁止であることは頭に入れておいてください)

 

アメブロ、起業家大渋滞!!

そんなアメブロも近年、多くの起業家が使うようになりました。

まさに起業化だらけ、大渋滞状態です。

 

記事を見れば、コンサル、カウンセラー、コーチなどばかり。

(私もコンサルですが...)

他にもネイル、エステなどのサロン、教室などなど。

競合しまくり状態です。

 

そのため差別化が非常にしにくくなり、

取り組みやすいその設定があだになっているとも考えられます。

 

無料であるがゆえに、カスタマイズも制限されている。

そんな状態が、アメブロ離れを引き起こしているのかもしれません。

 

そして、純粋にブログを書かれている一般の方が少なくなり、

サロンにとって、ユーザー内の見込み客が減っていることも考えられます。

 

検索ヒットの弱体化

アメブロではどれだけたくさん記事を書いたとしても

検索にヒットされるのは数記事です。

 

それに対し、ワードプレスはすべての記事が検索対象となります。

 

この違いが意味することとは、

”見込み客の検索をワードプレスの方が圧倒的に多く集めることが出来る”

という事です。

 

つまり、願望や悩みを持った見込み客から直接検索される可能性は、

圧倒的にワードプレスが多いという事です。

そして、それは濃いアクセスという事になります。

 

それでも、アメブロはまだ使える

と、ここまでアメブロは

まるで「もう使えない」ようなことをお話してきました。

しかし、使えます。

 

その根拠はコミュニケーションツールがあることです。

少なくなったとはいえ、アメブロユーザー内の見込み客に

自らアクセスできることはまだまだ魅力的です。

 

長期的には、移行も考えた方がいい

アメブロでの集客は昔ほどではないものの、まだまだ可能です。

 

しかし、長期的に考えた場合アメブロだけではなく

ワードプレスへの移行も考えておいた方がいいでしょう。

 

そして、見込み客の予約に至るまでの導線を考えて

その中でアメブロがどの役割を担うのか?

しっかりと認識して、使用されることをおすすめします。

 

サロンリピート率アップコンサルタント ハヤシでした。

この記事を書いている人 - WRITER -