2017/05/22

集客できない人が、やらないこととは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、サロンリピート率アップコンサルタント ハヤシです。

皆さんは、サロン経営者として”伸びる人”、”伸びない人”の違いがわかるでしょうか?

同じセミナーやコンサルを受けても伸びる人、伸びない人はいます。

まるで、同じ授業を受けていた学生時代のように。

今回は、どこにその違いがあるのかを解説します。

 

伸びない人は、〇〇をしていない!?

同じ情報を知り、同じように行動しているのにハズなのに...

結果が出ない。

皆さんも、そんな風に感じたことが一度はあるかと思います。

 

その理由として考えられる事の一つが、”アウトプット”です。

 

セミナー等で情報を知ることは”インプット”ですが、

これに関しては、同じ条件であれば大差はありません。

 

そこで、気づきや学びがあるのでモチベーションも上がるので

多少、差があるものの大方皆さん行動されるでしょう。

 

でも、本当の問題はこの間にあります。

つまり、インプットから行動までの間。

アウトプットです。

 

学んだだけで終わらずに...

学んだこと(インプット)をきちんと理解出来ているのか?

それを推し測る手段が、アウトプットです。

 

皆さんがセミナー等で学んだことは、早い段階でアウトプットするのがおすすめです。

出来れば、ご友人、ご家族、ご主人にきちんとアウトプットできるのかお話してみて下さい。

皆さんの理解度が試されます。

 

ある大学の調査で、小学生の学力に関する報告がありました。

成績の良い子供達は、家で家族にその日あった学校の出来事をたくさん話すそうです。

まさに、アウトプットですね。

 

まとめ

多くの方は、セミナーやコンサルでインプットすることに一生懸命です。

技術に関する講習を受ける時も同じです。

そして、多くの方は理解した気でいます。

 

ですが、本当はちゃんとアウトプットできるかが重要です。

しっかり学んだことを活用できるようになるためにアウトプットを心がけましょう。

 

サロンリピート率アップコンサルタント ハヤシでした。

この記事を書いている人 - WRITER -