2017/06/13

サロン売上アップのための物販改善法!

 
サロン集客、売上アップのための物販

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、世界一!わかりやすいサロン集客 ハヤシです。

 

個人サロンの経営では、営業時間や施術人数に限界があり売上は上限があります。

そのため、売上アップには単価を上げていくことが必須です。

 

そんな中、もうひとつ売上アップに欠かせないのが「物販」です!

 

物販には、「上限」がありません!

そして、施術と違い、時間も労力もかからない^^

 

だったら、どんどん売れた方がいいに決まっていますよね。

 

今日は物販による単価アップの方法についてお話します!

 

ただ、POPを作るだけじゃダメ!

物販を効率的にするのが、ご存知の通りPOPです。

皆さんも様々な工夫をしてPOPを作成されていると思います。

 

しかし、「ぜんぜん売れないんですぅ~」という方もいらっしゃいますよね^^;

では、そういった皆さんはPOPを意味のあるところに設定しているでしょうか?

 

POPの設置場所はどこでもいいはずはありません。

考えるべきは

お客様の動線です。

 

皆さんのサロンに来店されたお客様は、来店中どういう動線に沿って行動するのかを考えなければいけません。

お客様の目線

そして、重要なのが「目線」です。

特に「動きが止まった瞬間に、自然と目に入ってくる」、そんな場所にPOPを置くべきです。

 

例えば、

施術前のカウンセリング時

施術後にお茶をお出しする時

お会計

と、それぞれの場面で自然とお客様の目線に入る場所があるはずです。

 

トイレなんかもそうですよね^^

 

自分でお客様になった気分で、お客様の目線をチェックするといいですよ♪

そうすると、POPを置くべき場所がわかります。

 

カウンセリング時にもチャンスが…

お客様の悩みやご要望をお聞きする、カウンセリングにもチャンスがあります。

 

お客様の悩みなどのなかには、必ず自宅ケアなどの悩みが出てくるからです。

また、上手く引き出せなかったとしても提案やアドバイスするチャンスはありますからね^^

そういった際に、商品をオススメします。

 

ただ、こう言ってしまうと必ず「売り込みみたいでダメじゃないの?」と言われる方がいます。

それは、正しいカウンセリングが出来ていないから。

お客様の笑顔

お客様に寄りそったカウンセリングが出来ていれば、

同じ商品をオススメしても「売り込み」とは感じられず

「教えてくれて、ありがとう」と感謝されます。

 

もし、物販が売れないならカウンセリングを見直すことも必要かもしれません^^;

 

最後に

物販は、労力なく売上を上げる最高の手段です^^

特に、これから夏に向けて売上をさらにアップさせるには力を注ぎたいところ。

 

そのためには、「お客様の動線を考えたPOPの設置」「お客様の信頼を得られるカウンセリング力」がカギを握ります!

 

ぜひ、繁忙期に向けて準備とレベルアップに取り組んでくださいね!

 

世界一!わかりやすいサロン集客 ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -