サロン集客だって油断は禁物!仮想通貨みたく一瞬でなくなることだって…失客の予防してますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

最近何かと話題の仮想通貨。

約580億円相当が一瞬にして外部流出してしまった事件。

ビットコインがほんの数カ月前高騰して始めた時、実はミーハーな僕も興味があって購入しようかと思っていました。

 

しかし、購入前に色々と調べていくうちに、手数料や税金、そして今回のような場合保証はほとんどなく自己責任であることを知り、保留していました。

今回の事件のようなケースも、外部ウォレットにマメに移すなどしておけば問題はなかったのかもしれませんが、多くの人はしません。

 

なぜなら、高騰する仮想通貨にそれを「守ること」よりも「増やすこと」に興味をさかれているから。

よく言われる危機管理の欠如です。

実は、サロンの集客においても同じようなことが同じような理由で起こっています。

ハヤシ

 

サロンの集客というと「増やすこと」ばかり考えていませんか?

サロン集客が上手くいかず売上が上がらない、そんなオーナーさんが考えることはとにかくお客様を「増やすこと」です。

 

お客様が増えれば売上は上がりますから当然と言えば当然。

しかし、お客様を増やすこと、特に新規客の獲得はお金あるいは時間がかかります。

 

例えば、クーポンサイトであるホットペッパービューティー。

掲載額が高額であることから、自宅でサロンをされている方が使っているケースは少ないかもしれません。

ただ、見込み客、特に「今すぐ客」を獲得するには非常に効果的なサイトです。

 

しかし、一方ではリピート率の低いお客様が多いと言われ、その値は30%程度

したがって、30人のリピーターを獲得したいなら100人の新規集客をしなければなりません。

当然、自宅サロンで100人の集客は1カ月では無理なので数カ月にわたって行うことになります。

 

ということは...

数カ月の間、再来店してくださったお客様にさらに来店していただくことが重要。

つまり、「減らさないこと」がもうひとつのミッションとして掲げられます。

 

なのに、多くのサロンがここを疎かにして「増やすこと」ばかりに集中します。

だから、最初に掲げた100人の新規集客を達成しても実際には30人のリピーターを獲得することは出来ず...

いつまでも新規集客を行うことになり、お金も時間も費やしサロン経営は苦しくなっていきます。

 

サロン集客の軸になるのは、「増やすこと」と「減らさないこと」

サロンの集客を行っていく上で軸となるのが、「増やすこと」「減らさないこと」の2つ。

特に「減らさないこと」は重要で、ここがしっかり考えられていないと上記の例のようにいつかは経営が立ち行かなくなります。

 

逆にお客様を増やすことに少々時間がかかったとしても減らさなければ、間違いなくあなたのサロンは予約でいっぱいの繁盛店になります。

凄くシンプルな考えですよね!

 

しかし、なぜか自宅でネイルサロンやエステサロンをされている方の多くがお客様を増やすことばかりに一生懸命になります。

そして、思うようにお客様が増えずに割引やキャンペーンの乱発してドンドン経営は悪化していく。

そんな負のサイクルに自ら飛び込んでいきます。

 

まずはしっかりとこの2つの軸を理解し、並行して取り組むこと。

特にお客様を「減らさないこと」は絶対に疎かにしないこと。

それが、繁盛店になる条件です。

 

お客様を減らさないために予防してますか?売込みが嫌なんて言ってる場合じゃない!

冒頭でお話した仮想通貨の事件が起こったように、サロンでも危機管理とも言うべき「お客様を減らさないこと」を疎かにしていると経営は苦しくなるとお話しました。

 

しかし、この2つの大きな違いがあります。

仮想通貨の事件が外部からの攻撃によって起こったことに対し、サロンで起きている事は100%内部の責任によるということです。

そして、あなたさえしっかりと予防しておけばサロンで起こる失客は防げます。

 

その失客の原因のひとつに、お客様がサロンの存在を「忘れていた」ということがあります。

この原因はかなり多いです。

 

しかし、これこそあなた次第で防ぐことは容易なことです。

サロンの存在を忘れないように、しっかりと来店後もお客様とコンタクトをとっていれば済む話。

 

こう言ってしまうと「売り込みみたいに思われて嫌がれるのではないか?」と心配する方も多いです。

でも、実際に「売り込み」とお客様に思われるようなら、それはあなたがお客様に対し十分なカウンセリングを行えていないからです。

 

お客様の悩みや願望、そしてそれを解消した先の未来の共有、そのための施術に必要な期間や効果の持続期間。

それらをビフォーカウンセリング、セッション、アフターカウンセリングを通して理解してもらうことが足りていない。

だから、お客様には継続購入する理由が理解できず、忘れてしまうのです。

 

この状態でコンタクトを取ったとしても、それは「売り込み」と取られるでしょう。

でも、これらがきちんとできていれば、お客様は「連絡してくれてありがとう!」と感じていただけます。

もし、あなたが「売り込みみたいで嫌だ」と思うなら、それはカウンセリングに問題がある証拠。

今すぐ自分のカウンセリングを見直してみてください。

 

まとめ

サロン集客は仮想通貨のようにお客様という「資産」をしっかり守っていないと簡単に失うことがあります。

 

しかし、その原因は今回の事件のような外部からの攻撃ではなく、あなた自身。

そのことを理解してお客様を「減らさないこと」ことにもっと集中すれば、結果としてお客様を「増やすこと」にも繋がり、繁盛店になる近道を歩むことが出来ます。

意識して取り組んでいきましょう!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -