サロンの集客に重要なカウンセリング!自己採点しながら磨きをかけていますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

サロンの経営を安定させる一番の要因は、リピート率の向上であり、

そのリピート率の向上は、現場において「カウンセリング」が重要な部分を占めています。

 

そもそも、あなたにとってのカウンセリングって何でしょうか?

 

 

これをしっかりと語れないとリピート率は上がらず、あなたのサロンのファンが増えることはありません。

 

サロンで施術前に行われるカウンセリングは、口頭やシートを使い行われます。

しかし、その多くは「こなし仕事」のようであまり重要視されていない場面をよく見かけます。

 

実はここにリピート率を上げていくヒントがたくさんあるのに...

施術前の恒例行事のようにこなしてしまっているカウンセリングを、

ちゃんと、リピートに繋がるものにしていきませんか?

ハヤシ

 

早く施術に入りたい!だから、カウンセリングを早々に切り上げていませんか?

売上を上げたい!

サロン女子

集客したい!

サロン女子

と思われるサロンの多くはノウハウを求めようとします。

 

特に集客においては、お客様を呼び込むことに集中し、

次回予約を取ることやリピートしていただくための行動を疎かにする傾向があります。

 

また、経営においてもメニューの時間構成を施術つまり技術メインで考えているため、

カウンセリングを加味し時間をしっかりとるような構成になっていないことが多々あります。

早く施術に移りたい!

サロン女子

時間内に終わりたい!

サロン女子

と焦る気持ちが常にあり、早々にカウンセリングを切り上げる。

あなたもそんなことしていませんか?

 

実はこれが大きなつまづきの始まりです。

 

カウンセリングって何なの?なんでしなくちゃいけないの?

そもそもカウンセリングって何なのでしょう?

 

そんなに早く施術に移りたいなら、カウンセリングなんてしなければいい。

飲食店のようにメニューを渡して、注文を取る形式にするほうがよっぽど良いですよね。

 

なのに、サロンでは必ず行われています。

その重要性を理解していないまま...

 

カウンセリングは、第一に「お客様を知る」ために行います。

お客様の基本情報(お名前、年齢、職業など)をはじめ、どういった悩みやニーズをもって来店されたのか?

情報収集し、お客様を知ることです。

そして、時にはそこから掘り下げ潜在的な悩みを見つけたりもします。

 

それもこれも、何のためか?

1つのゴールである「ミスマッチな提案をなくす」ためです。

しっかりと悩みやニーズを聞き出し、

それを解消できる提案をズレることなく出来るようにするために行うのがカウンセリングです。

 

このことを理解せず、施術前に行う「面倒な作業」ととらえているうちは残念ながら集客は出来ず、売上は上がりません。

 

個人サロンに対し、お客様はどんなカウンセリングを求めているのか?

では、どんなカウンセリングがお客様に求められているのか?

 

大手サロンではお客様をこなす、回転率を重視することが多く、

スタッフに時間内で終わらせることを厳しく課すことがあります。

 

しかし、お客様の中にはこういった、いかにもマニュアル通りの対応に嫌悪感を持たれる方も多いです。

もっと、ちゃんと話を聞いてもらいたい

お客様

というお客様が。

そういったお客様が大手サロンを離れ、個人サロンに来店されるケースは少なくありません。

つまり、個人サロンであれば、よりお客様の声に耳を傾ける「カウンセリング」を意識しなければいけないということです。

 

例えば、答えにくい質問をしてはいないでしょうか?

ネイルサロンでよく聞かれる「今日はどんな感じでお考えですか?」という質問。

当たり前のように聞かれますが、実に答え辛い時もあります。

 

カウンセリングの導入として決して間違っている質問ではありませんが、

お客様に丸投げしてしまっているような感じが否めません。

ハッキリとしたイメージや悩みがあるケースは良いですが、漠然としている方も少なくありませんから。

 

そういった場合には情報提供が必要。

事前に聞き出した年齢や職業などを加味し、同じ環境の方がどういったものを選択しているのか?

そして、どうなったのかをイメージできる情報を。

引出をいくつか用意し見せることで、お客様が「わかりやすく」、「答えやすい」環境を整えていきます。

 

お客様が個人サロンに求めているカウンセリングとは、

「自分の悩みやニーズを共有してもらうための時間である」ことをしっかり認識しましょう。

 

いきなり「良い」カウンセリングが出来るわけではない!鍛錬すること!!

と、「カウンセリングとは何か?」と理解できてもなかなか実践することはいきなりできません。

 

そこでしっかりと準備し、確認、修正することが必要です。

トライ&エラーですね。

 

お客様のニーズや悩みを引き出すには、どんな質問がわかりやすく、答えやすいのか?

そして、そのためにはどんな確認事項をカウンセリングシートに盛り込む必要があるのか?

しっかりと準備します。

 

さらに、実際にその情報をもとに自分がどんなカウンセリングをしたのか?

自己採点します。

自己採点?

簡単ですよね。

ボイスメモなどに録音して聞いてみることです。

自分のカウンセリングって、聞いたことないでしょ?

出来ていると思っても意外と出来ていないものですよ。

 

そうやって、どんどんカウンセリングに磨きをかけていってください!

 

まとめ

意外とサロンでは、重視されていないのがカウンセリングです。

しかし、実はカウンセリングの時点で施術は始まっています。

ここを正しく出来ないサロンはいつまで経ってもお客様の求めることを提供できません。

当然、満足度も上がらず、リピートもされないことになります。

 

あなたのサロンが集客、とくにリピートされないなら、

ノウハウを学ぶ前に、カウンセリングを見直すべきかもしれません!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -