サロンの集客のための強みって、何を考え?どう表現したらいい?

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

あなたのサロンの強みは何ですか?

強みを作って、理想のお客様をサロンに集客しよう!売上を上げよう!

と、サロンの経営に悩む方なら耳にたこができるくらい聞かれたことだと思います

 

でも、どうでしょう?

実際は難しく、なかなかハッキリさせられないまま起業してしまう、

もしくは何事もなかったように経営を続けるサロンが後を絶ちません。

じゃあなぜ、そんなに強みを考えてお客様に伝えるべきなの?

ということですが、一番の理由はお客様が求めているものにあります。

ハヤシ

 

お客様がサロンに求めているのはサービスの内容ではなく、その先にあるベネフィット!

「強み」と聞いて、多くの方が頭に浮かぶのが「資格」をはじめとする技術に関することだと思います。

そして、自分の強みを見つけられない人ほど、「資格」を強みにしてサービスを売り出そうとします。

 

しかし、お客様が求めているものとは、あなたが持っている技術や資格に基づいたサービスではありません。

その先にあるベネフィット(利益)です。

 

例えば、小顔マッサージの技術があり、そのサービスを提供する。

しかし、お客様は小顔マッサージのサービスそのものを購入するのではなく、

サービスを購入した後の自分自身の利益を購入しているのです。

 

マッサージを受けることでリンパの流れが良くなり、浮腫みが取れ小顔の効果を得ることが出来る。

そして、その効果によって自分のコンプレックスを解消出来たり、友人に褒められたりする。

これが、小顔マッサージによって得られるベネフィットです。

実は、お客様はこのベネフィット、自分自身や他人に認められるということを見込んで購入しています。

 

ネイルサロンでもそうですね。

ただカワイイというデザインを購入しているのではなく、友人に褒められたり、自慢することを見込んで購入しています。

 

技術を裏付ける資格というのは、

「そのサービスを提供できます。」

と言えたとしても、

「こんなベネフィットがあります。」

ということを直接、表現はできません。

 

したがって、お客様が何を求めているのか?を把握したうえで、

あなたの持つ技術をどういったサービスの形で提供でき、

そして、お客様にどんな変化(ベネフィット)を与えることが出来るのかまで考えましょう。

 

技術によるサービスの提供までで止まっていると、集客も売上も苦戦してしまいます。

 

あなたのサロンの「伝わらない強み」が、数字を上手く使えば「伝わる強み」に!

ここまでの話にあるように考えたベネフィットをメニュー名やキャッチコピーにする際、

技術の裏付けとなる言葉を入れることがあります。

これ自体は、問題ありません。

問題ありませんが、この場合に注意したいのは伝わらない表現をしているあまり、ベネフィットまでもが伝わらないことがあります。

 

例えば、

○級ネイリスト

○○認定エステシャン

○○協会○○インストラクター

○○協会○○アドバイザー

○○協会○○カウンセラー

など、資格そのものの言葉はお客様(素人)に全く伝わりません。

それどころか、「どうでもいい」とさえ思われることがあります。

 

アンチエイジングを表現する際、よく「マイナス5歳」といった表現を目にしますが、

これは、どんな人でもサービスを購入した後のベネフィットを容易にイメージできるすごく良い表現方法。

 

そして、そうなる一番の理由は「数字」の使い方です。

どんな事柄も、数字を持たせることで具体化しイメージされやすくなります。

 

であれば、技術についてもこのように解かりやすくしてあげる、数字を使うことが良い方法だと言えます。

資格をそのまま載せるよりも、「キャリア10年」や「施術人数10,000人」なんて方がずっと伝わりますよね。

ハヤシ

 

もし、あなたがメニュー名やキャッチコピー、ブログタイトルなどを考える際に

自分の技術を保証したいと思うなら資格ではなく、それにかわる数字で解りやすく表現しましょう。

 

サロンの強みは、寸分の狂いもなく一発で決まることはない

サロンの強みとは、あなたがお客様に提供できるベネフィットを指します。

そして、そのベネフィットを保証する技術をアピールするなら、わかりやすい表現方法を用います。

数字を上手く使うなどして。

 

ということですが...

必ずしもこうやって考えた強みが、一発でお客様にハマって売れるとは限りません。

必ずトライ&エラーを繰り返し、微調整していくものです。

 

したがって、必要なのは情報収集

考えたメニュー名やキャッチコピーに変更したことで、

どういった反応(アクセス数や来客数)の変化があったのかを一定期間データを取り、検証することが必要です。

反応が悪かったから...

サロン女子

と、ろくに検証することもないまま変更を繰り返す方がいらっしゃいますが、

失敗と思えることの中にも、良かった点が必ずあるものです。

 

その良かった点もなかったことにして、一からやり直すことは時間がかかり、時にはコストがかかることだってあります。

必ず、一発で上手くいくとは思わないこと。

トライ&エラーを繰り返し修正して、たどり着くものなのだと理解しておいてください。

ハヤシ

 

 

まとめ

個人サロンでは、「強み」を見つけることをすごく難しく感じ、あえて考えないようにしがちです。

しかし、そう難しいことではなく、すでに開業しているならまずはお客様に聞けばいい!

 

どんなサロンでも、リピーターのお客様が1人はいるはず^^

あなたのサロンが選ばれている理由のうち、技術や価格でないものをそのお客様に教えていただきましょう。

それが、あなたの「強み」の一つです。

 

あとはそれをどういう表現で伝えれば、わかりやすく一人でも多くの人に伝わるのか?

いっぱい時間をかけて、考え抜いてください^^

そうすれば、あなたのサロンの景色が変わるはずです!

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -