フェイスブックでファンを集客する方法!これで個人サロンは売れます

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

サロンの集客で「フェイスブック」を活用しようと、始められる方は非常に多いです。

サロン経営をされている女性はパソコンが苦手な人も多く、SNSの方が身近に感じられ、スマホひとつで気軽に始められからでしょう^^

 

しかし、実際には、

「何を投稿していいのか、全然わからない」

「友達をどんどん増やせって言うけど、どうやって増やすのか分からない」

「友達は増えているのに、全然売上は上がらない」

と悩まれ、SNSを使った集客を断念される方も・・・^^;

 

あなたはどうですか?

SNSを使った集客を考えられていますか?

それとも、もう利用されていますか?

 

今回は、SNSの中でもフェイスブックを活用した集客方法についてお話します。

正しいフェイスブックの活用方法を知って、どんどん集客しましょう!

 

フェイスブックって集客できる?

「そもそも、フェイスブックって集客できるの?」

「もうフェイスブックって古くない?」

そう思われる人も多いです^^;

 

あなたはどう思われますか?

 

もし、フェイスブックで集客出来たら、ブログで記事を書くのに何時間もかかっていたあなたの時短にもなります。

特に、小さなお子様のいる方が多い個人サロンのオーナーさんにとってこれほどありがたいことはありません。

それに売上も上がるなら言うことなし!!

 

実は、そんなこと...

出来ますよ^^

 

確かに、フェイスブックの利用率は平成27年の総務省の発表によると下記のようにLINEに抜かれてしまいました。

 

参考:総務省「情報通信白書のポイント SNSの利用率」より

 

でも、ここで注目したいのがフェイスブックが実名利用が多いこと。

まあ、フェイスブックは実名利用が基本とされているので当たり前と言えば当たり前ですが^^;

このことが、実はサロンの集客に対して非常に大切な意味を持つんですよ!

 

フェイスブックは他のSNSと比べ、信頼度が違います。

特にエステサロンの場合など、見込み客は何かしらの悩みを持っておられます。

その悩みが深いほど、信頼できそうな方に頼みたいのお客様心理です。

このお客様心理に対し、フェイスブックは非常に適しているんです!

 

ブログや他のSNSの場合、本名が掲載されていないケースも多々あります^^;

自宅サロンなら尚更。

 

しかし、フェイスブックでは実名がわかり、顔を知ることも^^

プライベート投稿を見て「人となり」を知ることも出来るかもしれませんよね。

つまり、来店前から「身近に感じられる存在」と思っていただけるSNSがフェイスブックなのです。

 

リピートが売上を左右する個人サロンにおいて、このことは非常に大切なことです。

なぜなら、あなたを身近に感じ来店されるお客様は、「リピートしやすいお客様」だから。

フェイスブックは、初来店時からファン予備軍のお客様を集めることが可能にするんです^^

 

サロン集客にどうやって使うの?

じゃあ、実際にサロン集客にどう使っていくのか?

 

フェイスブックの個人アカウントは、ご存知の通り商業利用はNGです^^;

そのため、商業用に用意されているのがビジネスアカウント、フェイスブックページです。

 

順序としては、個人アカウントを取得し、フェイスブックページの作成をしましょう。

そして、サロンの多くはブログをされている方も多いです。

記事を更新したときには、まずはフェイスブックページに記事のURLを貼り付ける、もしくは初めから連動させます。

そうすることで、フェイスブックページ上でもブログの更新があったことをお知らせして下さい^^

 

次に、このフェイスブックページの更新内容を今度は個人アカウントで「いいね」や「シェア」を使い、友達にお知らせしましょう!

仮にブログには載せず、サロンのキャンペーン情報があった場合も、いきなり個人アカウントに載せることは避けて一旦フェイスブックページに投稿し、個人アカウントでシェアする方法をとりましょう。

 

しかし、ここで注意が^^;

いきなり、サロンのキャンペーン情報など告知投稿をしても「いいね」や「シェア」などのリアクションは得られません。

むしろ、頻繁にこの手の投稿を続けることは印象を悪くしてしまう事が多々あります。

 

こういった事態を避けるためには、準備が必要です。

そして、その準備とはリアルな友達関係と同じで「コミュニケーションをとることの出来る関係」を構築することです。

 

では、次に「コミュニケーションのとれる友達」を作るコツをお話します。

 

友達を作るコツ!ポイントは「量より質」

「友達を1000人作れば、集客できる」なんて聞いて闇雲に友達申請をされる方がいます。

しかし、サロンの集客において重視したいのは「量より質」です。

 

始めにお話したように、フェイスブックは実名登録が基本。

SNSとは言え、リアルな友達関係と同様にきちんとコミュニケーションを取れる関係を作り上げることが一番初めにすることです。

口コミが増える

そこで、あなたが一番初めにする事は「聞き手になる」ことです。

徹底的に聞き手になって下さい。

 

SNSをされる方の多くが、自分の投稿に対してリアクションを求めています。

「いいね」や「シェア」をされると嬉しいですからね^^

あなたも集客したいし、そのために「いいね」や「シェア」をしてもらってたくさんの見込み客の目に触れる機会が欲しいはず。

そう思うなら、まずはあなた自身が「聞き手」なり、あなたの方から興味のある方に「いいね」や「シェア」をしましょう。

 

あなたが「この人と繋がりたい」「この人に興味がある」と思えば、しっかりとコメントを残すんです^^

さらに、あなたが本当に「これはいい!」と思える投稿はシェアしましょう。

 

あなたが好意を持っていることをしっかりと伝えることで、相手も自分への好意に気付き、あなたのアカウントに対しても好意を抱くようになります。

リアルでいうところの「単純接触効果」をフェイスブック上でも実践するんです^^

 

これを一定期間、徹底的に行ってください。

そして、この間の自分の投稿は抑え気味にすることが重要です。

コメントによるコミュニケーションをとる関係が築かれる度合いにより、少しずつ自分の投稿の割合を増やしていきます。

 

これを継続することで、リアルな友達関係と同じ「返報性の原理」が働き始めます。

つまり、あなたがそれまで行ってきたコメントやシェアに対し、相手は「何か返さなきゃ!」という思いが働くということです^^

そうすると、あなたの投稿はシェアされ、拡散されるチャンスをつかむことになります。

 

たくさんの「友達」を作ったとしても、こういった関係が築けていなければ意味がありません。

フェイスブックでの集客をしたいなら、まずは「コミュニケーションのとれる関係」を築くことから始めましょう。

 

まとめ

フェイスブックは実名登録であることから、使い方次第ではリアルな友達関係と同じくらいコミュニケーションのとれる関係が築けます。

そして、そのことが集客においては来店前からの信頼関係にも繋がります。

 

サロンは悩みや願望をもってお客様が訪れる場所。

中には、深い悩みを持った方もいます。

そして、それは出来れば信頼できる方に相談したいと思うのが当然。

個人サロンにおいて、フェイスブックはまさにそれに適したツールです。

ぜひ、ここまでのお話を実践してどんどんお客様と良い関係をフェイスブックで築いて下さい!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

ご質問、お問合せはコチラからよろしくお願い致します^^