サロンの売上・集客アップへ「来てほしくないお客様」をリストラする方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんわ、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

誰しも、自分のサロンは「来て欲しい理想のお客様」だけで予約が一杯になることに憧れます。

そういったお客様が多いということは、あなた自身のモチベーションも上がり、お客様の満足度だって上がる。

そして、リピートもされ、売上も上がるから^^

 

しかし、どんなサロンにおいても「来てほしくないお客様」は来られます。

そして、集客や売上に悩むサロンほど、その数は多いです^^;

 

あなたにとって理不尽な要求をしてくるお客様や、ドタキャン、遅刻の多いお客様。

そんなお客様に対し、今あなたはどんな対応をしていますか?

実際、僕のところにもそういったご相談をされるサロンも多いです。

 

答えはひとつ!

ちょっとキツイ言い方になりますが、

毅然とした態度で「リストラ」することです^^

 

こう聞くと、

え~、そんなの出来ません^^;

どうお話していいのかわからない

困り子さん

売上が下がっちゃいますよ~

困り子さん

なんて思っていませんか?

 

それは大きな間違いです^^

「来てほしくないお客様」に対して対策を講じず、放置することの方が集客も売上も下がってしまうんです!

今回は、

「来てほしくないお客様をなぜリストラしないといえないのか?」

について、その理由と対策方法をお話しします! 

ハヤシ

 

なんで、来てほしくないお客様が来店されるの?

そもそも、なんで来てほしくないお客様が来店されるのでしょう?

それにはいくつか理由があります。

その中でも大きな理由は2つ!

どちらもサロン、あなたが原因であるケースです。

 

「来て欲しいお客様」ってだれ?

1つ目は、「来て欲しいお客様」「来てほしくないお客様」をあなた自身がしっかりと認識していないケース。

 

どのツールを使って集客をしようとも、必ず問われるのがペルソナの選定です。

なぜなら、自分が提供する施術を見極め、「だれ」の役に立てるのか?喜ばれるのか?をハッキリさせることで集客におけるキャッチコピーなどの表現が見込み客に伝わりやすくなるからです。

 

逆に言えば、この選定が曖昧であると表現も曖昧に。

すると、不特定多数の方がターゲットになってしまい、その中に「来てほしくないお客様」が入る可能性は高まってしまいます。

 

価格が...安い!?

そして、2つ目は「価格が安い」ケース。

 

価格はあなたのサロンメニューの価値を表すものです。

つまり、価格が安いとは価値が低いことになります。

 

サロンのお仕事は、価格以上の価値あるメニューを提供し、お客様に満足していただくことです。

しかし、最初から価格を下げるということは自分の施術に自信がないと捉えかねない^^;

「これぐらいなら満足してもらえるかなぁ?」って自分に保険をかけている行為なんですね。

 

お客様は敏感です。

価値の低いものに対しては、価値の低いものに対する対応をします。

キャンセルも多くなるし、遅刻も増えます。

予約の変更が多くなることも^^;

 

「価格が低いサロンのお客様の質は悪い」

とよく言われますが、価格を下げているのも、そういった「来てほしくないお客様」を呼び込んでいるのも実はサロンなんです^^;

 

ドタキャンで、売上を2倍損していること知っていますか?

「来てほしくないお客様」を「売上のために...」と切れないサロンは多いです。

しかし、先程言ったようにドタキャンを含むキャンセルや予約の変更が多いことも事実です。

 

それでも、「売上が...」と思う方に言いたい!!

ドタキャンされて、そのキャンセルされた売上だけがなくなったと思っていませんか?

それは大きな間違いです!

 

機会ロスがもたらす代償 その1

物販など商品を売る場合、在庫をどれだけ減らし商品を売り切るかはとても大事なことです。

 

しかし、このことは誰でも考えること。

もう一歩先を行く経営者は、「売り切れ!在庫なし!」を喜ぶのではなく、

在庫がないことで逃した売上はなかったのか?

を考えます。

そして、仕入れの段階でもっと売れる予想は立てられなかったのか?などあらゆる原因を探ります。

 

もっと買いたい人がいたのに、売り切れのため購入できない状況を機会ロスなんて言いますが、

本来、これにより逃した売上も損失だと考えるべきなんです。

 

とすると、サロンの場合

「来てほしくないお客様」の予約が入る

「来て欲しいお客様」が予約が取れなかった(機会ロスによる売上損失発生!)

「来てほしくないお客様」がドタキャン(さらに売上損失発生!)

といったように考えられます。

つまり、「来てほしくないお客様」のドタキャンは目に見えない売上損失を生んでいる可能性があるんです^^;

 

機会ロスがもたらす代償 その2

「来て欲しいお客様」しか来ないサロンでも予約が取りにくくなり、機会ロスが生じることは十分に考えられます。

しかし、キャンセルや予約変更などの多い「来てほしくないお客様」による損失はそれ以上です。

 

なにより、「来てほしくないお客様」が「来て欲しいお客様」の売上を奪っていることをしっかりと認識しましょう。

「売上のために...」と「来てほしくないお客様」を切れないでいるのは本当に経営のため、売上のためなのかよく考えてみてくださいね^^

 

そして、機会ロスが続くと「来て欲しいお客様」は来店を諦め、他店へ流れてしまうということも理解しておきましょう。

ハヤシ

 

「来てほしくないお客様」のリストラ方法

では、具体的にどうやって「来てほしくないお客様」からサロンを守るのかについてお話しします^^

 

「来て欲しいお客様」を明確にする

「来てほしくないお客様」が来店される理由として挙げたように、ペルソナの選定をします。

 

・「来て欲しいお客様」はだれなのか?

・あなたが提供できるメニューはどう役立つのか?

など絞り込んでいくことで、「来てほしいお客様」に来店していただく集客が可能になり、「来てほしくないお客様」はリストラされます^^

 

価格を上げる

これも「来てほしくないお客様」が来店される理由として挙げたものに対する解決方法です。

少し偏見に思われるかもしれませんが、価格を価値ととらえると低価格は「来てほしくないお客様」をサロンに呼び込むきっかけになってしまいます。

 

あなたのサロンの価値をしっかりと理解し来店していただくためにも、価格を上げることは効果的な方法です^^

 

キャンセルポリシーを作成、予約時に伝える

そして、最終的にはしっかりとルールを作って伝えることです!

・連絡がない〇分以上の遅刻は、キャンセルとさせていただきます。

・無断キャンセルや当日キャンセル(ドタキャン)は〇回までとし、それ以上になる場合は予約をお取りすることができません。

・予約のキャンセル、変更は前日までとします。

・当日キャンセルは、キャンセル料をいただきます。

・提供価格以上の割引には、一切応じることは出来ません。

など、ルールを明確にして予約フォームなどに必ず記載するようにします。

これだけでも、抑止力になるので必ず作成してくださいね^^

 

まとめ

「来てほしくないお客様」が増え、ドタキャンや予約変更が起こることでストレスを感じているサロン経営者はたくさんいます。

「売上のため」と頑張っていても結局はモチベーションの低下につながり、施術などのパフォーマンスの低下を招きます。

そんな時、一番影響を受けるのはあなたのサロンの価値を知る「来てほしいお客様」です^^;

 

今回、具体的な方法をいくつか挙げました。

「そんなの出来ない」と思われる人もいるかもしれません。

しかし、これらの方法はあなた自身とサロン、そして「来て欲しいお客様」を守るためです^^

 

「売上のために」とあなたが今我慢していることは、実は「売上を下げる」行為になりかねないことに気付いてくださいね^^

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -