サロン集客が面白いほどわかる自宅サロン、個人サロン専門の集客、リピート率アップブログ講座。あなたのサロンも、お客様に愛されるサロンに。

サロン集客ハンドブック無料プレゼント!

サロン史上最高の売上を達成する正しい数字の見方!その1売上編

ハヤシ
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハヤシ
サロン集客に関するノウハウをどこよりもわかりやすく、面白おかしく発信しています。 イラストを描くのが好きな、普段は普通の大阪のおっさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

サロンを経営しているのに、自分のサロンを「よく知らない」って人は結構多いです。

例えば、売上。

 

今日の売上はいくら?

ぱっつん

...

アフロちゃん

今日、何人のお客様が来られた? 

ぱっつん

...

アフロちゃん

今日はどのメニューが一番売れた?逆に売れなかったメニューは? 

ぱっつん

...!?

アフロちゃん

 

本当なら、この質問にお客様の顔を浮かべながらスラスラ答えられそうなものなのですが...

なかなかそうもいかない人って多かったりして。

あなたはどうでしょう?

 

思うような売上、集客が出来ていない時って、「数字」から目を背けたくなりますよね。

数字は現実だから。

ダメな自分が突きつけられた気がして...

 

でも、数字ほどウソをつかないものもない。

真正面から向き合っていけば、必ずあなたの味方になってくれます!

 

今回は「今の売上から目を背けずにしっかり見れば、良いことあるよ!」って話をします。 

ハヤシ

 

数字は強い味方!売上を正しく把握すると史上最高の売上だって夢じゃない

売上って言うと月の売上だったり、その日の売上だったり、期間毎の総売上ばかり気になっていません?

確かに総売上をチェックすることで、今月の目標額に対する達成度を測ることができます。

 

でも、売上のチェックをそれだけで終わらしているとしたら...

すごく勿体ない!

ハヤシ

 

数字はウソをつかないし、強い味方にもなってくれる。

見方を変え眺めるだけで、色々な角度からあなたのサロンの良いところ、悪いところ全部教えてくれます。

数字が示していることは事実なのだから、もう悩む必要なんてありません。

良いところは強化して悪いところは改善すればいいだけのこと。

正しく売上を見ることが出来るようになれば、あなた史上最高の売上達成も夢ではなくなります!

 

売上を分析するのは実は簡単!「誰が」「何を」に注目すればいいだけ

何でもかんでも合計していた総売上というのは、サロンに入ってくるお金を大まかにとらえているにすぎません。

サロンの売上を上げたいなら、ほんの少しだけその中身に目を向けることが必要です。

 

ですが、難しいことなんてひとつもない!

大きく2つの側面から売上を見るだけで十分。

そのお金は「誰が」「何を」購入したことで手に入れたお金なのか?

 

つまり、売上を

「誰が」=顧客の属性(来店回数、世代、職業、性別など)

「何を」=購入したメニュー

それぞれの項目で振り分けていきます。

こうすることで、売上に対する顧客構成とメニュー構成が明らかになります。

 

「一番売れているメニューはどのメニューで?」

「誰が一番購入してくれているのか?」

あるいは、

「想像していたほど売れていないメニューが!?」

「狙っていた属性のお客様が意外と購入していない!?」

なんてことも明らかに。

 

今のサロンの強みも弱みも明らかになり、売上を上げるために必要なこと全てを知ることができるのです。

 

サロンの売上の正しい見方を教えましょう!

では、ここからは具体的な売上の見方を。

それは、前述にもあるようにたったの2つ。

顧客からの視点メニューからの視点で見てみましょう。

 

顧客からの視点で売上を見てみよう

お客様をリピーター新規客の2つに分けて、それぞれについて売上を集計するだけで十分。

そして、総売上に対するそれぞれの売上の比率を計算しましょう。

 

こうすることで、あなたのサロンを支えてくれている人がわかります。

個人サロンや自宅サロンの場合、理想は全体の80%ほどがリピーターの売上で占められていること。

なぜなら、繁盛店ほど売上をリピーターに支えられており、そうした状況は売上を安定させるからです。

 

すなわち、この80%と言う数字は繁盛店になるためには絶対にクリアすべき数字。

繁盛店に必要な「お客様にリピートされる仕組み」の完成を意味する数字でもあります。

 

 

メニューからの視点で売上を見る

まさに言葉通り、あなたのサロンで提供している各メニュー毎に売上を集計しましよう。

そして、顧客からの視点でお話したようにここでも総売上に対する構成比を計算します。

 

こうすることで、たくさんのメニューを提供しているサロンならメニューの断捨離の判断材料に。

また、安いメニューが高い比率を占めている場合などはブログやHP上でのメニュー見せ方を再検討するきっかけにもなります。

 

メニューの視点から売上をみることで、今のサロンの「強み」「弱み」がより一層明らかになります。

 

みんなやっていそうで、意外とやっていない売上の見方。

特に、自宅サロンや個人サロンなど小規模サロンには必要です。

売上を顧客とメニューからの2つの視点で見るだけで、これから考えるべきこと、やるべき行動を簡単に知ることができます。

 

まとめ

売上というと総売上だけを見て、多くのサロンが一喜一憂します。

しかし、それはサロン経営においてあまり意味がないことです。

 

そんなことよりも、その中身を少し覗いてみることが重要。

ウソをつかない数字は、どんなメッセージを送っているのか?

真剣に向き合えば、あなたの味方となってサロンに必要なことを全部教えてくれます。

 

まずは売上から。

今日から日々の売上を2つの視点で見るようにしてみてはどうでしょうか?

売上を上げるためのヒントが、そこにはたくさん転がっていますよ!

 

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

お客様からの絶大な信頼でリピート率80%以上に!

月商50万円を達成するサロン集客ハンドブック

無料プレゼント中!

 

ハヤシの経験をもとにノウハウを詰め込んだ内容。

何一つ特別なことはなく、実践すると必ずお客様からの「信頼」が勝ち取れます。

「信頼」はリピート率を上げ、あなたのサロンに「価値」をもたらします。

 

理想のお客様にあふれ、月商50万円を達成できる自信の一冊です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハヤシ
サロン集客に関するノウハウをどこよりもわかりやすく、面白おかしく発信しています。 イラストを描くのが好きな、普段は普通の大阪のおっさんです。
詳しいプロフィールはこちら