サロンの集客をしたいなら、まずは集客をやめましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

たくさんのサロンが集客に悩んでおられます。

個人サロンをはじめとする小規模サロンは、特に^^;

 

これまで、このブログではそういった集客に悩むサロンに向けた集客ノウハウを中心にお伝えしてきました。

おそらく参考にしてくださっている方もいらっしゃるかと思います^^

 

しかし、このブログだけでなく、他のコンサルタントの方のブログやセミナー、

あるいは個別のアドバイスとこれまで色々試してきたあなた!

 

もし、今もサロン経営が思い通りのものでないなら...

一度、集客をやめてみてください!

そう、これからの集客のために集客をやめることをオススメします

ハヤシ

決して、サロンをやめろということではありません^^

しかし、これからお話することに少しでも当てはまるなら、あなたは集客をやめるべきです。

 

今回は集客に悩む人がなぜ集客をすべきでないのかについて解説していきます。

 

集客ができない!お客様が少ない!と嘆いている時点でサロン経営は上手くいかない

これまでサロン経営、特に集客に悩むサロンの方々とお話してきましたが、皆さん共通して言われるのが、

全くお客様がいない。

もっと、たくさんのお客様に来ていただきたい。

困り子さん

安くしないと、お客様は来ないんだろうか?

困り子さん

 

といったことです。

 

それに対し、集客のために使うツールや集客につながる接客などのノウハウをこれまでアドバイスしてきました。

ノウハウを知り、正しい使い方をすれば、お客様は増えます。

 

しかし、それよりも大切なことがあります。

特に、先に挙げたようなことで悩まれているサロンの方に一度考えてほしいのは、

ここで出てくる「お客様」、つまり皆さんが悩まれている時に考えている「お客様」とは、どんなお客様ですか?

ハヤシ

これがポイントになります。

その「お客様」とは、あなたがまだ「会ったこともない」お客様です。

そう、あなたは「会ったこともない」お客様を一番に考え、

どのようにすれば、そのお客様と会えるのかということばかり考えてしまっていませんか?

ハヤシ

 

残念ながら、それでは集客はできません^^;

 

サロン集客は、既存のお客様を大切にすることから始まります

ご質問をいただく中で、

チラシを1000枚配ったのですのですが、1人しかお客様が来られませんでした。

どうしたら、もっとお客様に来ていただけるチラシが作れるようになりますか?

サロン女子

といった質問も多くいただきます。

 

その際、見込み客に読んでもらえるチラシの構成などもお話しますが、あなたにとって一番大切なのは何だと思いますか?

 

それは、その「1人しか」来られなかったお客様が何を見て興味を持っていただきサロンに来店されたかということです。

また、チラシを見ただけで来られたのか、それともそれからブログやHPを見られ来店を決意されたのか?

そして、そのお客様の年齢は?職業は?住んでいるところは?

掘り下げていくところはたくさんあり、それがこれからの集客の大きなヒントになるんです。

 

しかし、「1人しかお客様が来られなかった」と嘆く方は100%それをしません。

だから、集客ができないんですね^^;

 

あなたが本当に目を向けるべきお客様というのは

「会ったこともない」お客様ではなく、あなたのサロンを選んで実際に足を運んでくださったお客様

 

あなたのサロンにも、リピーターのお客様が多い少ない関係なくおられるはずです。

であれば、とにかくリピーターをはじめ、既存のお客様を死ぬほど大切にしてください!

えこひいきしてください!

ハヤシ

そうすれば、そのお客様はあなたのサロンの、あなたのファンになってくださいます^^

 

さらに、そのお客様の周りには同じ属性で同じような趣味趣向の方々が必ずおられます。

つまり、あなたの見込み客になる方々です。

既存のお客様を大切にすることで、この見込み客の方々にご紹介していただく可能性もグンと高まるんです^^

 

結果、「会ったこともない」お客様を集めようとする新規集客に力を入れるよりも、

「既存」のお客様を大切にすることでリピートは高まり、さらには周りにいる見込み客の新規集客にも成功します。

サロン経営的にも新規集客に比べ、経費はかからず、安定した収益を得られることにもなります。

 

冒頭にもお話したように、「サロンの集客をしたいなら、集客しないこと」とお話したのはこういう意味なんです^^

 

まとめ

お客様が少ないとその数を嘆き、会ったこともないお客様の数を求めようとするなら、

今来てくださっているお客様を死ぬほど大切にしてみましょう!

 

新規集客に目を向け、その数を求める人は100%、いや120%そのことがおろそかになっています。

この状態でいくらお客様を集めてもサロン経営は上手くはいかず、それどころかより悪い状況になることもあります。

 

まずは、サロンの集客をしたいなら、集客するのをやめましょう!

今いるお客様を大切にできない人のところに、決してお客様は来てくださりません。

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -