サロン集客ができない!初心者がまず考えるべきこと

 
サロン集客初心者がやるべきこと

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

最近こんなご質問(?)をいただきました。

「こんにちは、林さん。私はネイルサロンを今年の春から始めたのですが全く集客できません。

何をどうすべきなのかもさっぱりわからず...

どうやって集客すべきでしょうか?」

 

ご質問ありがとうございます。

あまりにストレートなご質問^^

しかし、これが本音で同じように思われている方も多いのではないでしょうか?

ハヤシ

 

こういう悩みをもつ経営を始めたばかりの初心者というべき方がとる行動はパターン化されています^^

まずは、ネットで情報収集。

➡書いてあることを手あたり次第やってみる。

➡結局どれも中途半端になってしまい、継続できずにフェードアウト。

➡当然、集客できずにサロンもフェードアウト。

みたいな^^;

 

これじゃ、あまりに悲しいので今回はサロン経営初心者がとりあえずやって欲しい集客の考え方についてお話します。

これで自分のすべき集客を整理し、行動に移しましょう!

 

ツールを使う前に、イメージすること

理想のお客様を考えること(ペルソナの選定)やサロンのコンセプト、強みを考えることも当然しなければいけません。

しかし、それらに関してはこちらを参考にしていただいて

▶参考:サロン集客のための「強み」はこれで見つかりまっせ!

今回は集客方法の整理についてまとめていきますね^^

 

サロン集客の事情通

ほな、こっからはわしが説明していくで!

 

集客できんばっかりに、いろんなツール手を出す人は多いなぁ~。

ブログにチラシ、看板、フェイスブック、インスタ、ツイッター、LINE。

このうち、2、3個、いや全部やってる人もおるんちゃうか?

まあ、それぞれのツールを使って集客できている人もおるし、それらを並行して使うことで集客できてる人もおる。

そやから、「集客にはこれがいい」ということは全部のツールに言えることや^^

 

でも、間違えたらあかんで~

人がそのツールで集客に成功しているからといって、自分が成功するとは限らんからな。

「じゃあ、どうやって集客すんねん!」って思うやろ^^

もっともや!

 

でもな、同じツールを使ってても成功する人、しない人の大きな違いがあるんやで。

そのひとつは、「イメージ」や。

 

成功する人は必ず、お客様が予約に至るまでの導線をイメージする。

そして、その導線に沿って必要な集客ツールを配置していくんや!

まずはこれが出来んと、やみくもに集客しようとしても上手くいかへん。

 

そしたら、まずはイメージすることからはじめよか^^

 

お客様が来店に至るまでの流れとは?

サロン集客の事情通ほな、イメージしていくで^^

 

まず、お客様は何かしらのツールを見てサロンを知ることになるわけやけど...

今回の相談者のようにサロンを始めて日が経ってない場合、まず認知度を上げることをせなあかん。

 

多くのサロンの見込み客は、サロン近辺の住民となる場合が多いことも重要や。

すると、最初に取り組むべき集客ツールは

チラシや看板ということになるな^^

お金のあるサロンなら「ホットペッパー」みたいなクーポンサイトを使うケースもあるけど、個人サロンは正直無理や。

ネットもすぐにはアクセスを増やすことは難しい。

すると、経費の掛からんチラシや看板といったアナログを使うのがおすすめやな^^

 

ただし、こっからが大事やで!

チラシもただ配ればいいというわけではないんや。

ちゃんと集客できるチラシにせんとな^^

それはこれを参考にしてみて。

▶参考:チラシで集客のすすめ!チラシ作成の6つのポイント

 

それで、ここからもイメージすることが大事やで^^

チラシを手にしたり、看板を見た人の多くは即、予約はされへん。

興味は持っても、もっと情報を集めてから予約する人が多いんや!

 

そこで必ずチラシや看板には「○○で検索」と書いて、すぐにお客様がサロンの情報収集ができるようにしとかなあかんな^^

こうして、チラシや看板でブログやホームページに誘導するんや。

 

次に、ブログやホームページに誘導されたお客様はここで予約されるケースが多いで。

だから、ブログやホームページの構成も予約されるようにしとかなあかん。

メニューやアクセス、お客様の声、お問合せなどの必要項目はそれぞれ記事にするなどして、お客様がすぐに見つけれるようにしときや。

 

ここで注意や!

最近のサロンに来るお客様がみんなスマホを使う。

だから、ブログやホームページをパソコンで確認している人はスマホでの確認も必ずしといてや。

特に使うブログサービスによってはスマホに対応していないものや、ナビゲーションメニューやサイドバーが表記されないものもあるからな^^;

あと、一番多いのが電話や予約ホームに関することや。

電話番号を載せているだけ、メールアドレスを載せているだけ。

ワンクリックで飛ぶこともできひん、「えっ、これ自分で打つってこと?」なんて思うものがめっちゃ多い。

特にスマホで見てる人はどうする?一回紙に書くの?

そんなんするくらいなら、別のサロンにいきまっせ確実に^^;

こんなもったいないこともせんようにな^^

 

とりあえず、ここまではイメージして集客ツールを整理してや!

あとはリピートに関しても考えたいところやけど、今日のところはサロン経営の初心者さんにはここまでできてほしいな^^

あっ、それはそうとこの間の話の続きやけどな、わしも昔はカリスマなんて呼ばれてな...

 

ありがとう、事情通のおっさん!

ハヤシ

 

 

まとめ

サロン経営の初心者は、ペルソナやコンセプト(強み)の決定とともに集客方法の選定と整理がまずすべきことです。

今回のご質問のように「これがいい」と聞くとその集客ツールに飛びつく人があとを絶ちません。

しかし、それもこれもちゃんと自分のお客様をイメージできているからこそ上手くいきます。

 

「あなたのお客様はどこでサロンを知り、予約までに至るのか?」

しっかりイメージしてください^^

 

今回はサロン集客の初心者向けに書きましたが、そうでない方も集客が上手くいかないときはイメージの確認をしてください。

既存のお客様にリサーチなどしてね^^

 

では、しっかりイメージして明日からの集客をがんばりましょう!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ