2017/08/10

サロン集客の方法は、実はたった2つだった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

サロン集客でいろいろと思い悩む方が多いわけですが、実はその方法っていうのは2つしかありません。

「集める」集客と「集まる」集客です。

この2つをしっかりと理解していないと、サロン経営は行き詰ってしまいます^^;

 

そこで、今回は2つの集客方法をお話ししたいと思います。

特に、「集まる」集客ではハヤシのオカンを例にわかりやすく(?)解説します^^

 

「集める」集客とは?

「集める」集客とは要するに、お客様をサロンに呼び込む集客のことを言います。

チラシや広告などを使い、商圏内の見込み客に知ってもらい来店していただく。

特に、開業当初やお客様が少ない時、サロンのコンセプトやターゲットが変更になった時などは、まず「集める」集客を行動に移します。

そして、ブログやHPをSEO対策をして検索されるように育て、お客様に来店していただくのもこの集客にあたります。

 

しかし、この集客方法はコストがかかるケースもあり、個人サロンや自宅サロンにおいては経営を圧迫する可能性もあります(無料ブログなどの例外もありますが)。

 

ということで、サロン経営の継続を中長期的に考えた場合、できるだけ早い段階で次の集客方法に移らなければいけません。

 

では、「集める」集客から脱却して次に取り掛かる集客方法とは?

それが「集まる」集客です^^

 

じゃあ、「集まる」集客って?

「集まる」集客とは、書いて字のごとく「自然とサロンにお客様が集まってくる」集客方法です^^

 

そんな、夢みたいな集客なんてできるんですか?

今一子

 

そう思いますよね^^

でも、可能なんです!

特に、最近はSNSが普及したこともあり、より実現しやすくなっています。

ハヤシ

 

どういうことですか?

今一子

 

誰かが「この○○サロンよかった~」ってSNSにつぶやくと、その友達がいいねをし、またその友達に拡散される

そんな環境が整っています。

その拡散される過程で、「良さそう♪」と感じた見込み客が来店するという可能性が広がっているんです。

つまり、サロン自身が集めようとした行為ではなく、自然発生的にお客様が「集まる」ということですね^^

ハヤシ

 

なるほど~

今一子

 

ネットのない頃は、サロン側から与えられた情報だけで来店を判断していました。

しかし、ネットが普及し、今は情報をいくらでも収集することができます。

そんな中で、他のお客様のサロンの評価も見ることが可能になり、重要な判断材料になるようになりました。

したがって、自分から気軽に情報発信できるSNSは集客、とくに「集まる」集客においてすごく重要なんです!

ハヤシ

 

でも、そんなに簡単に拡散なんてされないですよね^^;

今一子

 

確かに^^

拡散され、「集まる」集客を実現するには重要なことがあります。

ハヤシ

 

重要なこと?

今一子

 

 

 

 

価値を示せば、「集まる」集客が実現する!

 

そう、「集まる」集客を実現したいならお客様にサロンの価値を示すことが重要です!

人は良いものを知り、体験すると人に薦めたくなります。

ハヤシ

 

う~ん?

なんとなくわかるんですけど...

今一子

 

わかりました。

仕方ない^^;

先日のうちのオカンの話を例に理解してもらいましょう!

ハヤシ

 

 

~ある日の出来事~

 

ミチヒロ!これっ!!

ハヤシのオカン

 

 

なんや、これ!

ハヤシ

 

水や!ええ水や!

飲みや、みんなで飲みや!

ハヤシのオカン

 

オカン、水はわかったけど、どうしたんや?

ハヤシ

 

これな、なんとかいう源泉水でな。

めっちゃ体にええんやて^^

これで顔洗っても、体洗ってもお肌ツルツルや!

あんたも使い!!

近所の○○さんにもあげたら、めっちゃ喜んでたわ^^

ハヤシのオカン

 

はあ

ハヤシ

 

~ここまで~

 

 

はい、どうですか?

一子さんわかりました?

ハヤシ

 

え~と、全然^^;

今一子

 

えっ、めっちゃヒントがあったのに~。

じゃあ、解説しますね^^

ハヤシ

 

まず、うちのオカンは「ええもん好き」です。

とにかく、良いと聞いたら試したくなる、買いたくなる。

しかし、なんでも良いというわけではなく、オカンなりに納得したものでないといけません。

 

たぶん、今回の水もどこかの有名な源泉水と聞き、その効能効果や実際に飲用している人の評価を見て納得し買いたくなったのだと思います。

つまり、きちんとその商品の価値が示されたからこそですね(良いか悪いかは別ですが^^;)

これが「水 500ml1000円」とだけではだれも買わないですから。

 

次に、実際に自分でその水を飲用したり、使ってみたりすることで価値を実感し、また購入するわけです。

リピートです。

これが何度か繰り返されると、今度はファンへと成長します。

 

そして、最後にオカンは人に薦めたくなったのです^^;

 

とこんな感じですね。

ハヤシ

 

なるほど、拡散の第一歩だった感じですね^^

今一子

 

そうです、価値を知れば人に薦めたくなり、拡散される可能性が出てくるということです。

すると、「集まる」集客が実現する可能性も高くなります!

 

つまり、フェイスブックが拡散されていくように

ハヤシ

 

 

 

うちのオカンも

ハヤシ

 

拡散されるということです!

ハヤシ

 

違うと思います

今一子

 

 

どうやって価値を伝えるの?

 

あの~、拡散されて「集まる」集客が実現するって言うのはわかったんですけど、肝心の価値ってどうやって伝えれば...

今一子

 

価値を伝えるために一番いいのは、ストーリーを話すことです。

人はストーリーに感情移入しやすいから^^

 

売りたいと思う施術メニューを開発するまでに、なにかしらの試行錯誤は必ずあり、そこにはストーリーがあるはずです。

お客様に喜んでいただくために開発したメニューのストーリーをしっかりと伝えてください。

それが一番のメニューの価値を伝える方法です。

 

もしくは、一子さん自身のストーリーでも^^

どんな思いを持ってビジネスをはじめ、今に至るのか?

そんなストーリーが伝われば、その一子さんが提供するメニューの価値も伝わるようになりますから。

ハヤシ

 

 

まとめ

今回は色々と脱線してしまいました^^;

しかし、重要なのは集客には「集める」集客と「集まる」集客があるということ。

そして、サロン経営を継続していくには「集める」から「集まる」への集客方法のシフトチェンジをしていかなければいけません。

 

ネットがこれだけ普及した中、特にSNSで拡散されるような「価値」の示し方にしっかりと取り組みましょう!

がんばれ!サロン女子^^

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -