人の気配のしないサロンは売れない法則

 
サロン集客の写真の重要性

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、世界一!わかりやすいサロン集客 ハヤシです。

 

皆さんは、サロンのブログやチラシ、ホームページで顔出しはしていますか?

 

個人サロンでは、

「恥ずかしいから~」

「ママ友に見られるのが嫌だ!」

なんて理由で、顔出しされない人も多いです^^;

 

まあ、気持ちはわかります。

自分を出すのって勇気いりますしね。

 

「調子乗ってない?」って思われやしないか心配だったり…

被害妄想なんですけどね^^

 

では、今回はサロン集客における自己の露出について考えてみます。

 

美しく、カッコいいメディアの弱点

大手サロンのメディアに掲載される写真は、どれもモデルさんを使った「イメージ」写真が多いです。

「私もこんなにキレイに!?」

なんて、見込み客に思っていただくにはすごく効果のある写真ですよね。

 

一方、個人サロンは...

大手サロンを参考にできる限り、「美しく」、「カッコよく」なんてものが多いです。

 

しかし、「美しい」、「カッコいい」ものには弱点もあります。

 

例えば、こういった「美しい」「カッコいい」チラシはアートに走り

「人の気配が感じられない」ものになってしまう傾向があります。

 

これは、個人サロンとって致命傷に...

 

 

個人サロンと大手サロンの違いとは?

個人サロンと大手サロンの一番の違いは、お客様との「距離感」。

 

個人サロンにとって、よりお客様に寄りそったサービスを提供できるのが強みです。

そして、お客様も”それ”を求めて来店されます。

 

そういう意味では、色んなコンサルタントが言われる

「もっと、自分を露出しなさい!」

というのは正解です。

 

「どんな人が施術をしてくれるのか?」

顔が見える、人の気配のするメディアはお客様に安心感をあたえるからです^^

 

でも、最後に伝えるのは...

だからこそ、意味のある顔出しをはじめとする露出は必要です。

 

でも、忘れないで欲しいんです!

最後に伝えるのは、「言葉」だということを!!

 

必要以上に自撮りをする必要はないし、

○○さんの真似をして自己プロデュースする必要もありません^^;

 

自分を良く魅せるより、先にすることは「安心感」をお客様に与えること。

そのために、「人の気配がする」写真を載せればいいだけ^^

 

あとは、皆さんがお客様に共感される「言葉」を伝えることが大切です。

 

どんな思いをもってサロンを立ち上げたのか?

これまで、どんな苦労があったのか?

日々、どうやってお客様と向き合っているのか?

そういったことを、言葉で伝えることでお客様から共感が得られます。

 

最後に

今回の話をまとめると、

・サロン集客において、ちゃんと「人の気配がある」サロンだと見せることは重要。

・そのための意味のある露出は必要である。

・ただし、過度な自己プロデュースは必要ない。欲しいのはお客様の安心感。

・共感が得られるのは、あくまでも「言葉」。

といった感じですかね^^

 

皆さんがはじめていくお店に緊張されるのと同じで、

皆さんのサロンに初めて来られるお客様も緊張なさっています。

 

緊張をほぐす、安心感をもってもらう一つの手段として

自分の写真を出すことを考えてみませんか?

 

恥ずかしいことでは、ありませんよね^^

世のため(?)、お客様のため、サロンのためです。

 

 

世界一!わかりやすいサロン集客 ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -