集客したいなら、不安にしちゃいけませんぜ!

 
集客の不安

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

こんにちは、小さなサロンのリピート率アップコンサルタント ハヤシです^^

 

サロンの集客って見込み客が来店に至るまで、いろんな感情が飛び交います!

 

皆さんも、

「どうしようかな~」

「あっちのサロンの方がいいかな~」

「こっちのサロンはどうだろう~」

となったことありますよね。

 

悩んだあげく、「ここにしよう!」と最終決定する時って必ず見るのが

「口コミ」もしくは「お客様の声」

 

つまり、見込み客は最後まで自分の決断に不安を持っているってことです^^

 

今回は、「それじゃ、前もって不安なんてなくしちゃえばいい!」っていうお話です^^

 

サービスの購入には、「不安」がつきもの!

見込み客はサービスや商品を購入する際、不安がつきものです。

 

「ホントに、いいものかな~?」

「失敗したら、どうしよう?」

なんて思ってしまう。

 

僕も結構こんな感じです^^;

「よし買おう!」と思っても、

「いやちょっと待てよ」ってなって買わないことも結構あります。

 

うちの嫁なんかは、即効買いますけど^^;

 

でも、そんなうちの嫁でも必ず確認するのが「口コミ」「お客様の声」です。

それくらい「口コミ」や「お客様の声」には購入の最後の決断をさせる力があるんです!

 

当然それは、サロン側のアナウンスよりも実際経験した方の声の方が信ぴょう性があるから。

 

だから、いっぱい集めて欲しいんです「口コミ」や「お客様の声」を!

ブログのアクセスなんかは「量」より「質」だと思いますが、

これに関してだけは、絶対に「量」です。

 

まずは、お客様の購入の際の心理、行動を理解して「口コミ」や「お客様の声」を獲得しましょう!!

 

さらに、「なんて親切な人♪」って思わせちゃいましょ

「口コミ」や「お客様の声」はまさに顧客の声であり、サロンに対する率直な評価。

「量」があって、良い評価が多ければ来店する可能性は高まります^^

 

しかし、必ずしも自分が知りたいことや不安に思っていることだとは限りませんよね。

かといって、多くの人が直接電話をしたり、メールをして質問することは戸惑います。

きっと、しません^^;

 

「だったら、もういいか」と思われる前に、

想定される「よくある質問」を記事として書くのがオススメです♪

 

例えば、

「施術は、どれくらい受ければ効果がでるの?」

「その効果は、どれくらいもつの?」

「ジェルネイルは、どれくらいまで美しく保てるの?」

「爪を傷つけずに良い状態で楽しむには、どれくらいのペースが理想なの?」

色々考えられるものは、すべて書いちゃってください^^

 

ここで特に重要な事があります。

それは、サロンにとって答えづらいようなネガティブな質問に対して丁寧に答えること!

これが出来ると「なんて親切な人(サロン)!」となり、信頼にもつながります。

 

ダメ押しは写真!

ここまで施術やメニューなどの不安を取り除けたとしても、もう一つ大事な不安があります。

 

「どんな人がしてくれるんやろ?」

「どんな店の雰囲気なんかなぁ~?」

といった皆さんやサロンの雰囲気に対する不安です。

 

個人サロンの場合、顔出しNGの方も多いです^^;

サロンの雰囲気に関する写真も、商用可能な無料素材を使われるケースも...

 

このあたりはそれぞれ事情もあると思いますが、不利であることは間違いありません。

特に自宅サロンの場合は、他人のお家におジャマするわけですから不安も倍増してますからね^^;

 

逆にここで「顔」の見えるサロンであれば、お客様は安心感を得られます^^

 

メリットをとるのか?デメリットをとるのか?

よ~く検討して下さいね^^

 

最後に

お客様に来店頂くには、「このサロン(人)、素敵!」と思ってもらわないといけません。

そして、その前に立ちはだかるのが「不安」という壁。

 

この壁を乗り越える情報をしっかりと、見込み客に伝えられるかが来店のカギになります!

 

あらかじめ想定される不安は先回りして、取り去ってしまうようにブログやHP、チラシなどを準備しましょう。

そうすると、お客様は不安なく、期待をもって来店して下さります!

 

 

小さなサロンのリピート率アップコンサルタント ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。