サロン経営で幸せになるはずだったあなたが、幸せになれない理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんわ、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

皆さんはサロンを開業される際、幸せな未来をイメージされたことと思います。

大好きなサロンで来て欲しいお客様に囲まれて!

売上もたくさんあって!

夢見るサロン女子

そんなサロン像を持っておられたはず。

 

では、今はどうでしょう?

その幸せな未来に近づけていますか?

それとも、もう達成されているのでしょうか?

 

幸せになりたいと思えば、幸せになるための目標を持ち、目標を達成するための手段を考えます。

当然、サロンも同じこと。

あなたが幸せになるサロン経営には、目標があり、そのための手段が必要です。

 

しかし、幸せになれていないサロン経営者はこのステップを踏まない方が非常に多いです。

なぜなら、幸せ(未来像)と目標、手段が全くリンクしていないから。

 

結局、そのことでどれだけ手段を駆使しても、目標は達成されず、幸せにはなりません。

仮に目標が達成されたとしても、それが思い描いた幸せかというとそうとも限らないこともあります。

今回はサロン経営者が幸せになれない理由を明らかにして、その改善方法をお話したいと思います^^ 

ハヤシ

 

幸せなサロン経営をしたいなら、数字目標は必須!

幸せなサロン経営をしたいなら、数字目標、つまり売上目標は必ず持っていただきたいと思います。

と言うよりも、持っていないとダメです^^;

お店を開けた

サロン女子

お客様が来た

サロン女子

施術した

サロン女子

お金もらった

サロン女子

で、終わっているなら経営者として話になりませんからね^^

 

数字目標を持ち、売上管理をすることで、あなたのサロンの「現在地」を知ることが出来ます。

今抱えている問題も明らかになり、これからすべきことのヒントも見つかります。

だからこそ、必ず数字目標は持ちましょう!

 

でも、あなたのサロンの売上目標に根拠はありますか?

皆さんには必ず数字目標は持っていただきたいのですが、問題はその数字の根拠です。

 

このことについてクライアントさんに質問すると、

月50万欲しいです!

夢見るサロン女子2

7桁になるのが目標です!

夢見るサロン女子3

 

などとお答えになる方が後を絶ちません^^;

 

そして、誰が言い始めたのかわかりませんが、サロンコンサルのブログやランディングページを見ると

まるで

「幸せ=100万円」

ともとれる表現が多いです^^;

 

100万というと聞えも良いし、大金というイメージが誰でも出来るからだと思います。

実際、個人サロンの月の売上が100万もあれば、不自由はないでしょう。

 

しかし、そういう方に限って客単価を聞くと5,000円ほどだったりします^^;

ということは、月に200人の施術をしないと100万にはなりません。

仮に50万が目標でも100人。

これは個人サロンにおいて不可能な人数です。

 

ということは、

この数字目標って、本当にあなたにとって「幸せになるための目標」なんでしょうか?

仮に、達成できたとして月に100人も200人も施術して、あなたは幸せだと感じることが出来ますか?

ハヤシ

 

どうして、不幸せなサロン経営になっちゃうの?幸せになるにはどうすれば?

何で、こんなことになってしまうのか?

これは冒頭でお話したように、これまで挙げた数字に「幸せになる根拠」がないからです。

 

漠然と100万という目標を立てることもそうだし、

メニュー単価を決める際も、

競合店がこのぐらいだから...

サロン女子

と決めてしまっている。

そこに、あなたが思い描く「サロンの未来像」は全くリンクされていないからなんです。

 

本来は、

<サロン経営(プライベートも含む)の未来像>

・サロンの仕事だけで生活できるようになる

・家族との時間も十分に取れる余裕のある働き方をする

・自宅サロンから、店舗を持てるようになる

・スタッフを雇えるようなサロンになる

・年に一回でも家族旅行に行けるようになる

・来て欲しいお客様だけで予約がいっぱいになるサロンになる

など

<未来像を実現するための目標>

・月額○○万円の売上を上げる。

・年収○○万円になる。

・週の稼働日数を〇日にして、月に〇日は休日を確保する。

・明確な来て欲しいお客様像

など

<目標達成のための具体的な手段>

・メニュー単価と施術人数

・来て欲しいお客様のニーズと喜んでいただけるメニュー設定

・来て欲しいお客様に来ていただくための集客ツールの選択

など

簡単にはこういった流れで、未来像→目標→手段とリンクさせていかなければなりません。

 

しかし、不幸せなサロン経営になってしまうのは、これを

・未来像:漠然としたまま

・目標:未来像に直結したものでなく、「これぐらいになったらいいな~」程度

・手段:「周りのサロンも競合店もそうしているから、私のサロンも」的な発想から出てきた手段

としてしまっているからです。

 

必ず幸せな未来像から具体的に目標、そして手段へと落とし込んでいく作業をしましょう!

 

まとめ

幸せなサロン経営が出来ないのは、幸せな未来像を持ち、それを目標、手段へと段階的に落とし込む作業をしていないからです。

これをせず、独立した形で目標や手段を考えているうちは集客も売上も思い通りにはいきません。

 

まずは、あなたのサロンの幸せな形を考えてみましょう^^

そして、今ある目標と手段がそれにリンクしているかチェックしてください。

それがちゃんと繋がった時、幸せなサロン経営は実現します!

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -