失客を防ぎ、リピート率アップさせる方法

 
失客を防ぎリピート率アップ

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、世界一わかりやすいサロン集客 ハヤシです^^

 

皆さんのサロンにも

リピーターやファンと呼べるようなお客様がいらっしゃると思います。

 

でも、でもね。

当たり前のように来てくださっているお客様でも油断しちゃいけません!!

油断していると、失客という恐怖が忍び寄ってきますよ~

 

今回は、失客を防ぎ、リピート率アップさせる方法をお話します。

 

 

何回来れば、リピーター?

そもそも、リピーターの定義ってなんでしょう?

 

明確なものはありませんが、

よく「3回」来店してもらうと、

その後のリピート率は飛躍的に上がると言われます。

 

だから、新規のお客様が来られたらまずは「3回」来店してもらうことを目標にしましょう。

 

スタンプカードで3回たまったら、

「いつもよりワンランク上のメニューが同額で受けられる」

「オプションメニューがついてくる」

「施術時間が長くなる」

なんてしてもいいでしょう^^

 

いかにして、「3回」来店してもらうかを意識しましょう!

 

「3回来店したから、安心!」という訳ではありません

しかし、3回来店して下さったから安心という訳でありません。

 

人って、忘れちゃうんですよ!残念

 

それは別に、皆さんのサロンが嫌になったわけではありません。

 

「そろそろ、行こうかな~」って思いつつ、行きそびれてしまう。

皆さんもそんな経験ありますよね^^;

 

だからこそ、個別にコミュニケーションをとれるツールが必要です。

お手紙でもDMでも、LINEでもかまいません。

とにかく「忘れられる」ことを避けるため、

会えない時間こそ、「繋がり」を保ちましょう^^

 

すると、上のような「なんとなく失客」を防ぐことが出来ます。

 

ちゃんと管理してますか?

先程は、「お客様」に忘れられるケースについてお話しました。

しかし、忘れるのは「お客様」だけではありません。

 

実は、「皆さん」が「お客様」を忘れるケースも非常に多いんです!!

 

どういう事かというと、

なんとな~く行きそびれているお客様の来店周期は、少しずつ延びています。

 

しかし、ちゃんと顧客管理をしていないと

来店周期が延びていることに気付きません^^;

 

皆さんは顧客管理をし、来店周期をチェックしていますか?

これをしていない人は当然、お手紙もDMも、LINEも送っているはずありません。

もしくは、送るべきベストなタイミングを逃しています。

 

安定した売上を手に入れたいなら、ちゃんと管理しましょうね^^

 

最後に

安定したサロン経営には、リピートは欠かせないものです。

 

そういった意味でも、今回のお話をまとめると

・新規客をリピーターへと変えるには、まずは「3回」の来店を目標にする。

・忘れられない努力を怠らず、コミュニケ―ションをとる手段を確立する。

・コミュニケーションをとるタイミングを逃さないために、顧客管理も徹底する。

といったところです。

 

どうでしょう?

皆さんのサロンでは出来ていますか?

 

リピート率をアップさせるためには欠かせない事です。

ぜひ、取り組んで下さいね!

 

世界一!わかりやすいサロン集客 ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -