あなたのサロンが集客できない、売上が上がらない時、まず考えるべき3つのこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

サロンの売上、集客が思うように上がらない時、ありがちな行動として

「新規集客」「割引キャンペーン」

が挙げられます。

 

しかし、多くの場合、この行動はサロン経営を悪化させるばかり。

つまり、一番に取り組むべきことではありません。

 

このブログでもお話しているように、売上を上げ、経営を安定させるのはリピーターの獲得

 

それを頭に入れていただいて、今回はサロン経営を改善するためにまず考えてほしい3つのことをお話します。

 

「来てほしいお客様」を明確にすることで、理想のサロンになれる法則!

サロンの売上や集客がうまくいかない場合の一番の原因は、あなたが思う「来てほしいお客様」と実際のお客様の間にズレがあること。

やみくもに、お客様を集めようと考えるだけで、「来てほしいお客様」を明確にしていないことって結構あります。

 

そうすると、あなたがやりたい施術や自信をもって提供しているはずの技術とお客様のニーズとの間にもズレが生じるわけで...

リピーターは当然のことですが、増えません。

 

最初にお話した「新規集客」「割引キャンペーン」などが結局のところ、サロン経営を悪化させてしまうのもこのことが影響しています。

 

「新規集客」→どんなお客様に来てほしいのか?初来店後も長くお付き合い出来そうなお客様って?

「割引キャンペーン」→どんなお客様に喜んでいただきたいのか?キャンペーンメニューを誰に体験していただきたいのか?

そういったことまで考えた行動でないことが多いからです。

 

行動だけ、手段だけを優先して、その先にある目的をあまり考えていない。

そんなことがあまりにも多いです。

 

「新規集客」「割引キャンペーン」を打つ前に、あなたのサロンに「来てほしいお客様」を明確にすること。

これが失客が多くなるような集客を防ぐ方法であり、無駄な時間やお金を費やすことも防いでくれます。

 

 

そして、「来てほしいお客様」を明確にすることで「来てほしくないお客様」もハッキリします。

「来てほしくないお客様」を集客してしまったばかりに、あなた自身が振り回され、ストレスを感じることも少なくないですよね。

 

だったら、この際「来てほしくないお客様」をリストラしませんか?

 

そうすることで、より「来てほしいお客様」だけに絞られることになりリピーターが増え、そのリピーターがまた新しいリピーター予備群のお客様を呼んでくださるようになります。

 

つまり、どんどん「理想のサロン」「理想のサロン経営」に近づくというわけです。

そのためにもまずは「来てほしいお客様」を明確にしましょう!

ハヤシ

 

売上を上げたいなら新規集客する前に、やるべきことは休眠客へのアプローチ!

売上を上げたい時って新しいお客様の獲得に走りがちで、

これまで獲得したお客様をないがしろに...

アフロちゃん

そんなことも結構起こっています。

 

いつも来てくださるお客様は別としても、少し来店周期が伸びてきているお客様、いわゆる「休眠客」へのアプローチをやっているサロンってとんでもなく少なかったりします。

ハヤシ

 

失客の定義はサロンによって、業種によっていろいろだと思いますが、僕は1年くらいの休眠期間ならまだチャンスはあるかなって思います。

方法としてはお手紙やDMなど色々ですが、出来る限り開封率の高く丁寧さを感じてもらえるようにしましょう。

 

 

以前にもお話したことがありますが、一度来店されたお客様が次回来店して下さらない理由ってサロンの技術、接客、料金に関することよりも「忘れていた」ことの方が多いです。

 

つまり、サロンからの明らかなアプローチ不足が原因。

 

だったら、今からでもダメもとでアプローチしましょう。

僕の経験では、数%は必ず反応があります

 

お手紙やDMを100人に送ったとしても、そのコストはたかだか知れています。

それで数%でも来店してくだされば、十分利益は出るし、なによりもその先の売上が見込まれます。

 

つまり、すでにあなたのサロンの良さもわかっておられることも多く、リピーターになる可能性は新規客よりも高いから

 

高いコストで新規客を集めるよりも前に、すでに持っているお客様のリストを使うことを考えましょう。

その方が効率的で、安定したサロン経営に近づきます。

ハヤシ

 

「売上を上げる」と「コストを削減する」を状況に応じて判断しよう!

みなさん、「売上を上げたい!」と言われますが、本当はサロン経営を行っていく上で大事なのは「利益」

利益がないことには、いくら売上を上げてもサロン経営は出来なくなってしまいますから。

 

利益を上げる手段には「売上を上げること」「コストを削減すること」があります。

経営を上手くいかせるには、状況に応じてこの2つを考えなければいけません。

 

集客に困っているような状態なら、ここまでお話したように「売上を上げること」をまず優先して取り組むべきです。

しかし、売上が頭打ち状態の時などはコストを見直すことが必要になってきます。

想像以上にコストがかかってしまっているものはないか?

決して、「売上」という結果だけで判断するのではなく、「利益」という中身を意識して次の行動に移りましょう。

 

まとめ

売上や集客に困ると、とにかく新規集客、そのために値下げといった行動をとる方が多いです。

しかし、ここは焦らず、じっくり考えましょう。

 

その時に考えてほしいことが今日お話した3つのこと。

このことを考えて行動してもらえれば、絶対に状況が悪化するようなことはありません

 

本当にサロン経営の基本中の基本のことばかり。

なのに考えない人が多い中、あなたはしっかりと考えてみて下さい。

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -