サロンの集客を飛躍し、売上をアップさせる閑散期の過ごし方!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

早いもので2017年も、あと2カ月ほどで終わってしまいますね^^

この時期、ネイルサロンはハロウィンがコスプレイベント(?)として定着したこともあり

売上が上がる時期ですが、それも束の間。

しばらくすると、また閑散期となってしまいます。

 

「閑散期だから」というわけではありませんが、時間に余裕のできるこの時期にしておきたいことはたくさんあります。

ザックリ言うと、繁忙期への準備。

売上や集客は何もしなくても、ある日突然上がるというものではなく理由があります。

そのための準備です。

サロンに限らず、どの業界もどれだけ準備をしたかということで成果は大きく変わります。

 

やみくもにチラシを配る?

ブログを書きまくる?

SNSに投稿しまくる?

準備の仕方で、正解にも不正解にもなります。

 

では、あなたはどんな準備をするべきなのでしょう?

 

集客は、「だれを」「いつ」集客するのか?を考えることから始まる

次の繁忙期のために、今からどんな集客の準備をしますか?

ハヤシ

と問われ、

よし、次の繁忙期のためにブログを書きまくるわ!

サロン女子

と考えた方...

 

ちょっと待ってください!

ハヤシ

そもそも、あなたは「だれ」を「いつ」集客したいと思っているのでしょうか?

 

積極的に行動しようとする心意気は素晴らしいですが、

間違った行動はどこまでも間違いを大きくするだけで成果は得られません。

この場合、考えるべきは「だれ」を「いつ」集客するのに最も効率的な方法は何かを考えるべきです。

 

いつまでに集客するの?残された時間で最も有効な方法は?

例えば、これから「クリスマス」に向けた集客をするとしましょう。

すると、残された期間は2カ月足らず。

この期間は、集客の結果を出す期間しては「短い」です。

 

僕も子供とよく行く、ヴィレッジヴァンガードなんかを見ると一目瞭然。

11月に入った途端、ハロウィンからクリスマスモードに一気に様変わりします。

これは少しでも集客、売上を伸ばす期間を長くとる戦略であることは誰の目にも明らかです。

 

では、話をサロンに戻した場合、

例えばネイルサロンがブログで「クリスマスデザイン」をどんどんアップするというのは一つの方法です。

しかし、それはブログ自体に力がある(検索に強い)場合に有効な方法

仮にあなたのサロンのブログが立ち上げたばかりで検索に弱かったら?

ハヤシ

どこのサロンもブログにたくさん記事をアップして、ただでさえ困難なこの時期に、更新しまくったとして成果は出るでしょうか?

おそらく無駄足に終わるのがオチでしょう。

 

まずは、ブログに取り掛かる前に自分のサロンの集客状況を見直すべきです。

ブログのPVや検索順位、実際の新規客のうちどのくらいの人がブログを見て来店されたのか?

これらすべての数字から、この短い期間に有効な手段がブログなら頑張りましょう。

でも、そうでないなら別の手段を探るべきです。

 

※1つ勘違いして欲しくないのはブログがダメと言っているわけではありません。

あなたのブログが検索に弱く、集客できる状況にない場合、

このケースのような集客する期間が短いと適さないことがあるということです。

中長期的な集客、経営を考えるとブログはやっておくべきだと考えます。

 

では、どうするか?

先程少しお話したようにまずは顧客データから有効な手段を考えるべきです。

新規客は何を見てあなたのサロンへ来店したのか?

現時点で集客力のあるツールやメディアを強化するのが一番成果を出しやすい方法です。

 

それでも、全然集客できてない、まだ開業したばかりという人は「足で稼ぐ」方法がオススメ。

つまり、チラシのポスティングです。

あれこれ、悩んで即効性のない方法に飛びつくよりも足で稼ぎましょう。

それが絶対早い!

 

でも、これにしたってやみくもに配ればいいというわけでもありません。

当然、そこもしっかりとデータに基づいて行動すること。

あなたの既存客はどのエリアに多いのか?

もしくは、どのエリアに見込み客はいるのか?

をリサーチして、ポスティングしましょう。

 

集客しやすいのは、いったい「だれ」?

話しそびれてしまいました^^;

「だれ」を集客するかという部分ですが...

 

ここまでは新規集客を想定してお話していましたが、そもそも

集客において即効性を求める場合に対象となるお客様は新規客ではありません。

それは既存客、それも失客もしくは失客しそうなお客様への再アプローチです。

 

失客や足が遠のく原因について、今回は説明しませんが、

これらのお客様の中には、復活来店してくださるお客様が必ずいます。

あのサロン、また行きたいんだけど...

ずいぶん行っていないから行きづらいな~

失客子さん

っていうキッカケ待ちのお客様がね^^

 

比較的時間に余裕のある閑散期だからこそ、こういったお客様の掘り起こしを必ずしましょう。

新規集客を頑張るストレスとは比べ物にならないくらい、集客できますよ!

 

まとめ

最初にお話したように、すべての結果には理由があります。

その理由を知った上で、次の行動を起こさないことと全てが無駄になることも多々あります。

そして、その理由を正確に知る手段がデータ収集であり、数字です。

 

特に閑散期はデータの整理と数字を見ることに時間をかけ、次の行動を正しくするための時間の確保をしましょう。

そうやって出来た大義のある行動は繁忙期に大きな結果を生みますから^^

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -