自宅サロンや個人サロンがブログを使った集客をしたいなら、一番見られる〇〇のページを強化しよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは!サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

自宅サロンや個人サロンを経営している人の多くは、ブログを使った集客を行っているかと思います。

ブログは、コストも比較的安く済みますからね。

 

そんなあなたのサロンのブログで見込み客に一番見られているページって何でしょうか?

ハヤシ

 

プロフィール?

メニューページ?

お客様の声?

それとも、アクセス?

 

例えば、自分自身がお客様になった時のことを思い起こしてみるとどうでしょう?

 

僕は何か商品を買ったり、食事を予約するときなど必ず一度は見るページは「お客様の声」「口コミ」です。

他のお客様の評価はどうなのか?

それがその商品やメニューの保証になりますから。

おそらく、あなたもそう思うのではないでしょうか?

 

でも、「一番見られているページ」となるとそうではありません。

実はそれは...

 

自宅サロンや個人サロンのブログで、一番見られているページとは?

「お客様の声」や「口コミ」というのは、必ず一度は確認されると思います。

しかし、何度も何度も見返したりすることはありません。

一度、さらっと見れば十分です。

 

では一番見られているページとは?

それは「メニューページ」です。

 

検索をしてあなたのサロンの記事にたどり着いた見込み客。

その見込み客が記事を読み、「このサロンへ行ってみようかな?」と思ったら次に探すのがメニューページです。

どんなメニューがあるのか?もっと詳しく知りたい、どのくらいの価格がするのか?確認したいと思って。

 

あなたのサロンに予約を入れるか入れないかを最終決定するページ。

それが、メニューページです。

 

だから、あなたがブログで一番強化しなければいけないのはメニューページということになります。

とにかくお客様目線で、見込み客が予約をしたくなるように作りこまなければいけません。

ハヤシ

 

強化するべきポイントとありがちなミス!

では、実際にあなたのブログのメニューページはどんな感じでしょうか?

 

僕もこれまでご相談していただいたサロンのメニューページを見てきましたが、よくあるのが...

メニューを並べただけのもの

ハヤシ

メニューを並べ、価格を書いてあるだけ。

あとは写真をちょこっと載せてみましたみたいな。

 

これは絶対にやめましょう!

こんなお品書きのようなメニューページは情報量が乏しく、見込み客に価格だけで来店を判断されかねません。

 

じゃあ、どんな風に作りこんでいくべきなのか?

それは見込み客がなにを求めているかを考えること、お客様目線で考えるとわかります。

 

どんな内容の施術があるのか?

価格に見合った内容なのか?

そして、どんな未来を手に入れることができるのか?

これらのことを知りたいと見込み客はメニューページを訪れます。

 

したがって、あなたがメニューページで行うのはプレゼン。

決して、メニューを一覧表にして見込み客に伝えることではありません。

ハヤシ

 

おすすめのメニューを先頭から置いていき、「誰のための」「どんな効果、利益」があるメニューなのかを詳しくプレゼンしていきます。

よりイメージを膨らますための写真を一緒に掲載するのも良いでしょう。

さらに、対象となるペルソナが明確なら、それに近い既存のお客様の声を年齢や職業などと合わせて掲載すると見込み客のイメージは膨らみます。

 

そして、価格は一番最後にお伝えする。

この流れで、まずはおすすめメニューに関して作りこむことがおすすめです。

 

後は、細かなオプションメニューなどをページの最後に一覧にして掲載すると良いでしょう。

あくまでも、「こんなメニューがあります」ではなく、「こんなメニューがおすすめです!」と見込み客へのプレゼンと思って仕上げていくことが重要です。

ハヤシ

 

気を付けよう!お客様へのストレス

一覧表のメニューページも予約に繋がりませんが、それ以上にお客様への配慮のない、ストレスを感じるメニューページも多々あります。

 

・「メニューページから予約ができない」や「予約の仕方がわかりにくい」

・「予約状況」を知りたいのにそれがわかるページへのリンクがない、あるいはそもそも予約状況が分からない

・「どんな人は施術しているのか?ちょっと覗いてみたい」と思っても、プロフィールページがない

・「サロンまでどうやって行けばいいのか確認したい」と思っても、アクセスページがない

など、こういった導線が確保されていないと見込み客はストレスを感じ、あなたのサロンのブログから離脱します。

 

メニューページは一番見られるページであり、来店を一番左右するページであるからこそ、お客様の行動を予測して導線を確保しなければいけません。

 

スマホを使ってサロンを探す人が増えた現在、小さな画面をずっと見ることに対するストレスは結構あります。

だからこそ、あなたのブログではそれ以上にストレスがかからないように予約までの導線をしっかりと引きましょう!

 

まとめ

今回はブログのメニューページを想定してお話しましたが、このことはホームページにも言えることです。

 

ただメニューをお伝えするのではなく、お客様が求めているものは何なのかをお客様目線で考えて作りこむのがメニューページ。

そして、常にストレスなく予約をしやすい環境を作っておかなければいけません。

 

サロンの集客に悩み、なんとかブログで集客したいと思っている人は一度自分のサロンのメニューページをチェックしてみて下さい。

きっと、どこかに改善点があるはずです。

すぐに改善して、お客様を導線に乗せてあなたのサロンに引き込んじゃいましょう!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -