サロンの集客、売上を120%安定させる次回予約の獲得法

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんわ、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです^^

 

今回は、クロージングについて。

サロンで言うところの「次回予約」です!

 

ここ数回、このブログでは、

サロン集客に悩まない!リピートを上げるカウンセリング方法

サロン経営のためのコミュニケーション力がつく4つのポイント

を通して、施術前後のカウンセリングの方法や施術中のお客様の会話、さらにそれらのポイントになるコミュニケーション力についてお話ししてきました^^

それもこれも、お客様と良好な関係を築くためであり、正しい提案が出来る環境を整えるためなんですね。

 

しかーし!

なぜか、肝心のクロージング、つまり次回予約をしていただこうとお客様にお話しする方はめちゃくちゃ少ないです^^;

ハヤシ

その理由は、

 

売り込みと思われたくないから

困り子さん

断られるのが怖いから

困り子さん

なんていうお決まりのパターン。

お客様が来店中、

「どれだけ関係を積み上げることが出来たのか?」

その最終確認である「次回予約」をお聞きするのは当然のことです!

ハヤシ

 

それをせずに、

またお願いします

サロ美

なんて言葉で終わるなんて...

そして、次回来てくれることをひたすら待つなんて...

勿体ない!

 

本当は「またお願いします」と言ってるあなた自身、

「またっていつやねん!?」(⇐ひとりノリツッコミ^^;)

て思っていませんか?

 

次回予約を取るためには、事前準備(カウンセリングなど)が必要です。

そのうえで、最後はしっかり仕掛けるんです!

 

今回はサロンが安定した経営、そして売上を上げるために、是が非でも欲しい「次回予約」について

あなたに仕掛けてもらいます!!

 

明日から、いや今から次回予約をバンバン取ってもらうためのお話しです^^

ハヤシ

 

サロンが集客できるために、知っておきたいリピートされない本当の理由

まずは、次回予約をバンバン取るためにまずはお客様にリピートされない理由をしっかりと頭に入れておきましょう。

多くのサロンは、リピートされないことを

・技術が満足いくものでなかった

・接客がよくなかった

・お客様とサロンの相性がよくなかった

など、思いがちです。

 

しかし、お客様がリピートされない本当の理由とは、

・サロンのことを忘れていた

・予約をすすめられなかった

・予約をしようとしたが、希望の日がいっぱいで予約できなかった

といったものが実は多いんです。

つまり、あなたが思っているほど、技術面が理由になることは少ないということです。

 

お客様は、常に信頼できる、長く通い続けられるサロンを探されていることが多いです。

そんなお客様のリピートしない理由が「予約をすすめられなかった」からというのはあまりに悲しすぎると思いませんか?

 

これらの理由を知るとお客様に「次回予約」をオススメすることは、決して「売り込み」ではなく、

教えてくれて、ありがと!

お客様

と思っていただけることだとわかります^^

 

僕が通う美容室は、毎回こんなことをしています

ここでひとつ例を出してみましょう^^

僕が通う美容室なんですが、お会計を済ませる際に必ずプリントアウトしたカレンダーをくれます。

そこには美容室の定休日の他、予約情報も書かれています。

そして、帰り際に

ハヤシさん、4週間を過ぎると長さが気になりだして少しずつセットがしづらくなります。

だから、このあたりで一度カットに来ていただいた方が今の感じを保てますよ^^

美容師のジョージ

と言って次回来店に適した日あたりをマーカーでラインを引いてくれるんです。

 

実際に僕は次回予約をすることはありませんが、別に「売り込み」をされているような気分にはなりません。

そして、そのシートを財布にしまいます(その場で捨てるような人はまずいないこともポイント!)

 

家に帰ってから、見る?見ない?、捨てる?捨てない?かかわらず、少しでもお客様の印象に残る行動であることは間違いありません。

現に、僕はその美容室に通い続けています^^

 

お店を後にする際の結果だけを見ると次回予約は取れていないのですから「クロージングは失敗」だったと思われるかもしれません。

しかし、お客様に次回の来店理由を示した行動で、お客様を「教育」「育てる」といった面では十分に成功だと言えます^^

 

リピートされない理由を解消する方法

では、ここからは先程お話ししたリピートされない理由を解消する方法について具体的にお話ししていきます。

 

「サロンのことを忘れていた」に対する対処法

このことについては以前にもお話したことがありますが、しっかりとコンタクトを取ることです。

お手紙やDM、メールなどを使い、感謝やサロンの近況、お得な情報をお伝えします。

それも正しいタイミングで^^

 

正しいタイミングで行動するには、人がどれくらい時間がたつと忘れてしまうのかを理解しておくことが必要になります。

よく言われるのが「3」という数字にまつわること。

3日、3週間、3カ月と時間が経つにつれて、忘れてしまうと言われます。

だから、この「3」というタイミングでお客様にコンタクトを取り、忘れられないように行動してくださいね^^

 

「予約をすすめられなかった」「予約できなかった」に対する対処法

これらに関しては、先程僕が通う美容室の例のような方法がオススメ!!

予約状況やお客様にとっての最適な来店日を書き込めるカレンダーが掲載してあるようなシートを用意すること。

 

その場で渡されたシートを捨ててしまう人は、まずいません。

必ずカバンや財布にしまうでしょう^^

記録として残るし、口頭で説明も付け加えることで記憶にも残ります。

効果は絶大!

 

それでも、

売り込みみたいで、余計なお世話って思われないかな~

困り子さん

って心配なセルフイメージの低いあなた!

 

例えば、お渡しするシートに自宅でできるケア方法などを掲載しておくと、

わかりやすく説明してあります!是非、自宅でやってみてくださいね^^

サロ美

って話しやすくなります。

また、

わからないことがあれば、こちらに書き込みをしていただければフォローします!

サロ美

とお話して口コミサイトやSNSを掲載しておけば、売り込み感なんてありません!

 

チラシは見ずに捨てられることが多々ある中で、確実に手にして持って帰ってもらえるこの方法は絶対にやるべきです!!

ハヤシ

 

まとめ

次回予約を取ることは売上を予測することができるので、安定したサロン経営にとってはなくてはならない重要なもの!

しかし、その場で取れなくても全然問題ありません。

 

それよりも、次回予約を取れないことを怖がり、行動しないことの方が問題です。

 

人によっては、一度帰宅してから予約するという方もたくさんいらっしゃいます。

1か月後にちゃんと予約してくださったら、それは次回予約を取るためにした行動をはじめリピートされない理由を解消しようとした成果です。

 

「お客様の1回の来店に対し、しっかりとクロージングまで行う」

その積み重ねがサロン経営を、サロンの売上を安定させるので怖がらず仕掛けていきましょう!!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

 

この記事を書いている人 - WRITER -