自宅サロンが単価アップ出来ない理由は100%「他が安いから」ではない!?ちゃんとマネたいズしたらすぐ売上は上がる!

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^
詳しいプロフィールはこちら

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは、サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシです。

 

サロンを繁盛させるには、今までもこのブログでお話したようにリピート率をまず上げること。

そのための体制というか、仕組みを作ってしまうことが近道です。

そして、その後もしくは並行して単価アップを狙っていくことも大切。

 

しかし、多くのサロンが頭でわかっていてもなかなか取り組まないのはどうして?

まあ、やり方が分からないとか色々と理由はあるかと思います。

 

ただ、よく耳にするのが

そんな、価格上げたらお客様が来ないですよ!

ライバル店は、もっと安く提供していますよ!

という声。

 

なるほど。

全く同じ環境にあるサロンで、全く同じサービスを提供している。

接客だって全く同じレベル。

それなら、僕だって安い方にいきます。

 

ただし、全く同じならね。

ハヤシ

 

単価アップが出来ないのは周りが安いからってホント?

サロンを始める時って市場調査は大切です。

おそらくあなたも、ネットでホットペッパービューティーや各サロンのHPを調べてみたのではないでしょうか?

一番自分のサロンと規模やサービスが似ているところを探して、価格を見る。

そして、それを相場と認識して自分のサロンの価格を決定する。

鉄板です!

 

しかし、単価アップを口にした途端言うんです

そんな、価格上げたらお客様が来ないですよ!

ライバル店は、もっと安く提供していますよ!

って。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたが相場だと思っているその価格って、そもそもどうやって決められたものなのか?

 

あなたがネットなんかで調べたサロンは、繁盛しているサロンも繁盛していないサロンも含まれています。

同じような条件だと思っているサロンも、実際にはホントに同じかどうかなんて定かでない。

 

それに価格を決める際に「他のサロンがこれくらいだから」となぞるように価格を決めてしまっている。

そんなケースが非常に多いかったりします。

 

つまり、あなたが相場と思っている価格は実はあまり根拠のないものであったり、大手サロンとの価格競争に巻き込まれた結果だったりします。

相場を調べることは必要ですが、自分のサロンのコンセプトやターゲットを十分考慮して価格は決定すべきです。

 

「これで他のサロンはやってるのだから」という変な安心感?から決めっちゃわないように。

売れないサロンの価格をなぞっているのだから、売れない。

そりゃそうですよね。

 

ある意味、単価アップが出来ないのは周りが安いからってホントです。

なぜなら、こうやって決めちゃうから。

ハヤシ

 

自宅サロンオーナーのあるある!お客様になった事がない!?

こうやって価格を決めてしまう原因は、他にもあります。

 

それはあなたが実際に色々なサロンに足を運んで調査していないこと。

何でもネットで調べられるようになり便利になってしまった副作用かもしれません。

サロンのオーナーさん、あるあるです!

僕がネイルサロンをオープンした時は、嫁に競合と思われるサロンへスパイ?をしてもらいました。

その結果、参考にしようとしていた繁盛(?)サロンが、、、そうでもなかったり。

写真で見る施術レベルと大きくかけ離れていたり、接客レベルも「えっ」と思うような...

これって実際に行ってみないとわからなかったことです。

 

もし、これを知らずネットで素敵なHPを見ていただけなら、先程お話したように同じくらいの価格設定にしたかもしれません。

しかし、色々なサロンの実態を実際に目にして、自分のサロンのコンセプトとターゲットを考えて価格を決めることにしました。

 

どれだけ綺麗にHPやブログなんかを着飾っていても、そこからは実態はわかりません。

だって、そうやって作るものだから。

 

だから、実際に足を運びましょう。

「お客様になって、そのサロンを自分の目で確かめることを怠らない」ようにしなければいけません。

 

手っ取り早く売上を上げたいなら、一番素敵なサロンをマネ(真似)たいズ!

そうやって、実際に「お客様」になることで色々なヒントが得られます。

そのサロンが繁盛している理由はどこにあるのか?

技術はもちろん、どんな接客をしているのか?

カウンセリングは?次回予約のクロージングは?来店後のアプローチは?

などなど。

 

また、小さな自宅サロンで売上を上げているサロンがあれば、サロンの雰囲気作りにも注目してみるといいですよ。

置いてある小物、照明、香りなど、それらにもお客様を惹きつけるヒントが隠れていたりします。

ネットだけでは、わからないことだらけです。

 

要するに自分でたくさん体験して、「これは!」と思うものをどんどん取り入れる。

マネ(真似)たいズして、マネタイズする!

ハヤシ

それがすぐにできる単価アップをして、売上を上げる最も簡単な方法です。

 

まとめ

世の中便利になると、色々なこと楽に済ませようとします。

本人は時間の無駄だと省いてしまったことが、実は重要だったり...

 

家を買うのに、どれだけパンフレットやチラシを見て「ステキ!」と思ってもそれだけで買う人っていませんよね。

一度は足を運び、自分の目で確かめて熟慮に熟慮を重ねて購入するはずです。

 

そんな風にあなたも色々なサロンを「お客様」としての目線で訪れてみてください。

そして、あなたのサロンを素敵にマネ(真似)たいズしましょう!

 

サロン集客が面白いほどわかるブログ ハヤシでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -