売上アップを実現!厳選、客単価を上げる3つの方法

 
売上アップのための単価アップ法

この記事を書いている人 - WRITER -


「やさしい関西弁」を武器に(!?)、集客・経営に悩む個人サロン経営者の再生に力を注いでいるリピート率アップコンサルタント ハヤシです。あなたとお会いできる日を、首をなが~くしてお待ちしております^^

ハヤシ

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、世界一わかりやすいサロン集客 林です^^

 

これまで、コンサルをしてクライアントさんとお話させていただくと必ず直面するのが「価格」の問題です。

 

「値上げした方がいいですか?」

「失客しそうで、怖くて値上げできません」

「お客様が少ないので値下げした方がいいでしょうか?」

「うちのサロンの商圏では〇〇円以上は上げられません」

など、挙げたらきりがなくなるくらいあります^^;

 

あなたのサロンも一つくらい同じような悩みがありませんか?

 

そして、「単価アップなんて、本当にできるの?」と思っていませんか?

 

できるんです^^

 

今回は、単価アップを実現する方法についてお話します。

この方法にコツコツ取り組めば、あなたのサロンの単価に変化が現れるはずです^^

 

まずは、客単価を知る

客単価を知ろう

 

僕がコンサルをさせていただく段階で、当然サロンの現状を把握しないと正しいアドバイスはできません。

そこで、クライアントさんには事前に売上等の現状を教えていただきます。

 

が、しかし^^;

サロンの現状を把握できていないオーナーさんが結構な数います。

 

「先月の売上は?」に始まり、

「客数は?そのうち、リピーターは?」

「リピート率はどれくらい?」

「一番売れたメニューは?」

「一番売れていないメニューは?」

「客単価は?そのうち、新規客の客単価はどうでしょう?」

と質問して、すべてにスラスラ答えられる方は...

ほとんどいません^^;

 

まずは、客単価を上げたいのなら、自分のサロンの単価をちゃんと知りましょう。

また、新規客、リピーターのそれぞれについても単価を把握しておけば、より緻密な対策を立てることができるので計算してみて下さい!

 

上位メニューの設定!「松竹梅の法則」を利用する

単価アップを狙う際に、重要なことがあります。

お客様の心理です^^

 

あなたがお買い物をされる時を想定しましょう。

買いたい商品に対して価格の違う3つの選択肢があったとします。

メニュー選択

あなたは、どれを選びますか?

 

おそらく、ほとんどの方が真ん中の価格のものを選びます。

人は選択肢が複数あると「極端」な選択を避けて、真ん中のもの(無難なもの)を選ぼうとする傾向があるからです(これを「松竹梅の法則」ということも^^)

 

このお客様心理にのっとって考えると、あなたのサロンに今あるメニューに対して、上位メニューを作ることで単価アップが見込めます。

ただし、上位メニューに関しては、その「価値」をしっかりと見せる努力をしましょう。

 

そして、もうひとつ。

「松竹梅」というからには、選択肢は3つが理想です。

例えば、同じフェイシャルエステのコースが5つも6つもあると...

それはもう松竹梅ではありません^^;

 

選択肢が多くなりすぎると、お客様は「失敗したくない」心理が働いて上位メニューが売れにくくなってしまうこともあります。

 

もし、上位メニューを作ることで選択肢が増えるなら「売れてるメニュー」「売れていないメニュー」を把握し、整理することをオススメします^^

 

コースメニューを考えよう!

コースメニューを作ることも、単価アップにつながります^^

 

セットメニューを作る

 

現状で売れているメニューに対して、付加価値となりそうなメニューを組み合わせます。

 

当然、現状のメニューに対して、組み合わせることで「付加価値」つまりパワーアップ感、お得感をお客様に感じてもらわなければいけません。

 

そのため、組み合わせるメニューもあまりにメインメニューからかけ離れたものではないように厳選して下さい。

 

これを実現するには、日頃からあなたが行っているカウンセリングが重要になります。

現在のメニューの施術を受けているお客様は、「どんな悩みをもっているのか?」ということに常にアンテナをはっておきましょう!

 

オプションメニューはどう?

オプションメニュー

 

この方法もコースメニューと似てはいますが、ややハードルがあがります^^;

 

コースメニューの場合は、施術前に十分に価値を伝えることができます。

しかし、オプションメニューの場合は施術中のタイミングでオススメする場面が出てきます。

 

「どのタイミングでオススメすればいいのか?」

おそらく悩んでしまう人が増えることかと思います^^;

 

これを解決し、ベストなタイミングを探るのに重要なのが、やはり

「カウンセリング力(りょく)」

ということになります。

 

コースメニュー同様に、「お客様が何を思っておられるのか?」ということを常に考えておく必要があります。

 

最後に

単価アップが実現することは売上が上がるだけでなく、効率の良い働き方の実現にもなります。

そして、なによりあなたのモチベーションの上昇にもなりますよね^^

 

今回お話した3つの方法と並行して、現状の把握、カウンセリング力の向上に地道に取り組めば、単価アップは決して難しい事ではありません。

 

常にお客様のニーズ、悩みに耳を傾け、しっかりと取り組む。

そうすれば、あなたのサロンもきっと理想のサロンに近づきます^^

ぜひ、挑戦してみた下さいね!

 

 

世界一わかりやすいサロン集客 ハヤシでした。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -